薬学部  薬学科(6年制) 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
生物学演習 3 後期 1 (30) 必修
担当者 宇根 瑞穂, 堀 隆光, 山口 雅史, 井口 裕介, 瀧野 純一, 山下 ユキコ, 世良 行寛, 神垣 真由美, 鈴木 雅代

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
これまでに学んだ生化学、細胞生物学、分子生物学の重要項目について、臨床を含む実例を題材にしたシナリオを利用して、ディープラーニング (
深層学習)を実践し、 自ら学ぶこと、そして考える力を身につけることを目的とする。
〔到達目標〕
生化学、細胞生物学、分子生物学の重要項目について、他者に説明することができる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
1 ガイダンス 演習の進め方を紹介する。
ポートフォリオの作成の仕方
シラバスを確認する
2 タンパク質と酵素化学 タンパク質の構造、そして酵素反応ついて、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
3 タンパク質と酵素化学 タンパク質の構造、そして酵素反応ついて、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
4 代謝 細胞を構成する分子、エネルギー代謝について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
5 代謝 細胞を構成する分子、エネルギー代謝について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
6 代謝 細胞を構成する分子、エネルギー代謝について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
7 代謝 細胞を構成する分子、エネルギー代謝について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
8 細胞生物学 細胞の構造と機能について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
9 細胞生物学 細胞の構造と機能について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
10 細胞生物学 細胞の構造と機能について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
11 分子生物学 分子生物学、遺伝子工学について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
12 分子生物学 分子生物学、遺伝子工学について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
13 分子生物学 分子生物学、遺伝子工学について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
14 分子生物学 分子生物学、遺伝子工学について、グループ学習を行う 事前に指示された項目、関連項目について、教科書等を用いて予習し、ポートフォリオに記載すること(60分)
15 まとめ 第1回から第14回の内容についてまとめを行う。 第1回から第14回の内容を再度学習しておくこと
〔評価基準〕
講義への参加態度(40%)、ポートフォリオ(50%)、グループ内での活動(10%) 
〔教科書・参考図書〕
◎日本薬学会 編『生物系薬学 I (スタンダード薬学シリーズII-4)』東京化学同人 2015年 9784807917082
◎竹鼻眞等 編『新細胞生物学』廣川書店 2013年 978-4-567-44110-0 
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」


試験、レポート等については、フィードバックを行います。