心理学部  心理学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
心理学の現場(産業・社会) 3 後期 2 (30) 選択
担当者 毛利 真弓, 山内 加奈子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
産業領域や地域社会における臨床心理士の働きにおいて、これまでに学んだ複数の基礎心理学及び臨床心理学の知識がどのように活かされているのかについて、体験的に学習する。
〔到達目標〕
臨床心理学が産業領域及び地域社会においてどのように用いられているかを学び、心理臨床の対象・知識・技術についてより実践的な知識を習得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 オリエンテーション 本授業の目的・主旨・意図を説明し、授業参加への必要な態度を説明する。 シラバスを読んでおくこと。(60分)
第2回~
第6回
職場における問題に対する必要な心理支援 産業組織分野における法律,倫理や,職場ストレスとストレスチェック及びストレスマネジメント,ワーク・ライフ・バランス,EAP,復職支援等について学ぶ。 前回の授業の復習をしておくこと。(60分)
第7回 前半のまとめとテスト 前半の内容についてまとめと振り返りを行い,テストを実施する。 前回までの内容を復習しておくこと。(60分)
第8回~
第14回
組織における人の行動 職場集団のダイナミクス,コミュニケーションの在り方や意思決定,リーダーシップ等について学ぶ。 前回までの内容を復習しておくこと。(60分)
第15回 後半のまとめとテスト 後半の内容についてまとめと振り返りを行い,テストを実施する。 前回までの内容を復習しておくこと。(60分)
〔評価基準〕
受講態度(50%)、試験(50%)
欠席5回で単位認定不可
受講態度:出席数・授業での積極性(意見・質問数やグループワークへの取り組み)及び理解度を総合的に評価する
習得度:感想文の内容やテスト結果に基づき評価する
〔教科書・参考図書〕
授業中に適宜資料を配布する。
〔履修要件〕
他学部、他学科の履修は認めない。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。