心理学部  心理学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
臨床心理学基礎実習 3 前期 2 (60) 選択
担当者 中嶋 みどり, 田形 修一, 吉川 久史, 山内 加奈子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
本実習は、臨床心理学とその近接領域に共通する対人援助の基本的姿勢と倫理観を学び、その基礎を体験的に養うことを目的とする。心理臨床センターにおける心理療法の体験実習だけでなく、各時間においても体験型の実習を多く取り入れる。
〔到達目標〕
臨床心理学の実践現場で行われている基礎を、知識として問い直し、専門家が行う心理臨床行為として体験的に理解する。臨床心理における専門的な共感性や他者に対する配慮を自らのもつ知識や感性、内省力のもと涵養する。グループでの学習活動の中で,多様な意見や討論の中で,臨床心理士としての専門性を問い,自ら思考を深めていける姿勢を養う。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 オリエンテーション 本実習の流れ、履修の心得、基本的態度 集合時間は厳守すること、自身がこの実習で何を学びとりたいか、意識を明確にしておくこと(30分)
第2回 職業人としてのマナーと身だしなみ 心理臨床現場で、必要なマナー、身だしなみについて学ぶ。 基本的なマナー、礼儀、身だしなみについて予習・復習を行うこと(60分)
第3~4回 自己をみつめる体験 自身が他者と接する際にどのような意識を持ちやすいのか、他人を信頼することに伴う複雑な気持ちを体験型の実習で学ぶ 自身が友人だけでなく、よく知らない人にどのような意識をもって接しているか、自身に固定観念などがあるかを考えること(60分)
第5~6回 人と接する際の基本的態度 自分が他者にのようにみられているのか、気づかなかった自分に目をむけるだけでなく、どうあるべきかを体験型の実習で学ぶ 同上(60分)
第7回 人との信頼関係の重み 人を信頼する・されることにまつわる重みを問い直し,心理臨床現場における信頼について学習する 同上(60分)
第8回 対人援助における倫理 心理臨床現場を中心に対人援助を行う際に生じやすい倫理的事項について学習する。 心理臨床現場における倫理について、復習する(60分)
第9回 観察記録・活動記録の書き方1 観察記録・活動記録のサンプルを参照し、適切な記録や執筆に対して大切な態度を体験的に学ぶ 基本的な記録のマナー、倫理的配慮について、予習・復習すること(60分)
第10回 観察記録・活動記録の書き方2 観察記録・活動記録のサンプルを素材に、実習生としての姿勢を考察するとともに、記録の難しさを体験的に学ぶ 自身がこの実習で学んできたこと、今後学びたいことの自覚をもち、言語化できるようにすること(60分)
第11回 医療分野における臨床 医療分野での心理臨床の特徴、利用者の特性、従事する者の役割について、とりあげる 既に伝えたテーマのもと、グループで学習を進めること(60分)
第12回 福祉分野における臨床 福祉分野での心理臨床の特徴、利用者の特性、従事する者の役割について、とりあげる 同上(60分)
第13回 教育分野における臨床 教育分野での心理臨床の特徴、利用者の特性、従事する者の役割について、とりあげる 同上(60分)
第14回 心理臨床センター見学に向けての発表 心理臨床センターの見学にむけての事前学習について発表する 既に伝えたテーマのもと、グループで学習を進めること(60分)
第15回 心理臨床センター見学にむけてオリエンテーション 心理臨床センターに実習に赴くに当たり、その特徴、利用者の特性等の概要を詳細に学ぶ。 前回の発表をもとに、学習を深めること(60分)
集中講義 心理臨床センターの見学および実習に向けての課題学習・発表 心理臨床センターで行われている心理療法について学習してきたものを、発表し、質疑討論を行う。また、心理臨床センターを見学し、実際の現場を学ぶ。 既に伝えたテーマのもと、グループで学習を進めること、心理臨床センターを見学にあたって自分が学び取りたいことを明確にすること
集中講義 心理臨床センターでの実習 心理臨床センターに赴き、センターの特徴や様々な心理療法について、講義および体験実習を行い、自分の体験として学ぶ。
集中講義 心理臨床センターでの実習の報告 これまでの実習や心理臨床センターでの実習で学んだことをレポートにすると共に、発表し、質疑討論を行う。 既に伝えたテーマのもと、グループで学習を進めること、
〔評価基準〕
履修態度(意欲的参加・発言)(50%)、発表(30%)、レポート(20%)
実習の基本的態度や考え方の成長も含め,総合的に評価する。
〔教科書・参考図書〕
適宜紹介・配布する。
〔履修要件〕
実習である以上、無遅刻・無欠席であることを求めます。時間外にも勉強する必要があります。自らの努力で成長したい姿勢が大切です。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。