総合リハビリテーション学部  リハビリテーション学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
精神・認知機能能力評価学 2 前期 1 (30) 必修
担当者 山路 博文

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
作業療法を実施する上で必要な精神認知機能評価を学び、被検者になって実際を体験する。
〔到達目標〕
1.精神認知機能について説明できる。
2.作業療法が精神認知機能にもたらす効果について説明できる。
3.各検査を理解し実践することができる。。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 精神機能評価
面接法その1 面接の基礎
面接法の基礎的な理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第2回 精神機能評価
面接法その2 傾聴
傾聴についての理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第3回 精神機能評価
面接法その3 非指示的カウンセリング
非指示的カウンセリングの理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第4回 精神機能評価
面接法その4 認知行動的カウンセリング
認知行動的カウンセリングの理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第5回 精神機能評価
観察法その1 非言語的観察
非言語的観察の理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第6回 精神機能評価
観察法その2 関与しながらの観察
関与しながらの観察の理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第7回 精神認知機能の緊張緩和的技法その1 精神認知機能の緊張緩和技法(リラクゼーション)の理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第8回 精神認知機能の緊張緩和的技法その2 精神認知機能の緊張緩和技法(リラクゼーション) 検査を実施するので心身を整えておくこと
第9回 認知機能検査(矢田部ギルフォード検査) 矢田部ギルフォード検査の理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第10回 認知機能検査(ストループテスト) ストループテストの理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第11回 認知機能検査(内田クレペリン) 内田クレペリンの理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第12回 認知機能検査(エゴグラム) エゴグラムの理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第13回 認知機能検査(2点識別法) 2点識別法の理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第14回 認知機能検査(メモリースパンテスト) メモリースパンテストの理解と実践 検査を実施するので心身を整えておくこと
第15回 まとめ 講義全体を振り返り、解説を行う。
〔評価基準〕
試験(60%)、レポート(20%)、参加態度(20%) 
〔教科書・参考図書〕
特になし
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。