総合リハビリテーション学部  リハビリテーション学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
検査測定実習 2 期間外講義 1 (45) 必修
担当者 山岡 薫, 他

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
理学療法評価関連科目で学習したことを実際の臨床の場で体験する。臨床人としての適正を身につける。
〔到達目標〕
基本的な検査・評価を対象者に実施できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
2月下旬~3月上旬の2週間 臨床における対象者に対して、医療面接と情報収集を行う。また臨床実習指導者の指導のもとで運動系、神経系、呼吸・循環系、生活活動に関する検査・測定を正確に行う。 検査・測定の方法についてわかりやすい図表などをつくっておき、現場ですぐ活用できるようにする。理学療法評価学や運動学、解剖学の知識を整理しておく。
〔評価基準〕
臨床実習指導者の評価をもとに学科教員の協議にて決定する。(100%) 
〔教科書・参考図書〕
特になし。
〔履修要件〕
2年次生であること


試験、レポート等については、フィードバックを行います。