医療栄養学部  医療栄養学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
総合専門演習Ⅰ 4 期間外講義 2 (60) 必修
担当者 八木 典子, 坂本 宏司, 塚本 幾代, 逸見 幾代, 澤村 恭子, 木村 要子, 木村 留美

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
臨地実習に臨むに当たり、必要となる知識・技能及び態度について事前学習として学ぶとともに、臨地実習終了後の報告会では、学習課題について相互討論形式により学びを深める。
〔到達目標〕
臨地実習に臨むに当たり、必要となる知識・技能及び態度について事前学習として身に付けるとともに、臨地実習終了後の報告会では、学習課題について相互討論形式により学びを深める。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
1 オリエンテーション ・臨地実習の目的及び概要及び実習先について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
2 事前指導:接遇研修 ・マナー(服装、身だしなみ、態度、接遇等)について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
3 事前指導:衛生管理及び危機管理 ・衛生管理の徹底及び事故等への対応について
・自然災害への対応について
実習の手引きの該当部分を予習しておく。
4 事前指導:倫理的配慮 ・倫理的配慮及び守秘義務等について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
5 事前指導:体調管理、各種検査等 ・予防接種、検便、健康診断及び体調管理等について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
6 事前指導:書類記載方法 ・プロフィール票及びレポート、お礼状等 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
7 臨地実習(給食経営管理)について ・施設別実習の目的及び内容について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
8 臨地実習(臨床栄養1) ・施設別実習の目的及び内容について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
9 臨地実習(臨床栄養2) ・施設別実習の目的及び内容について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
10 臨地実習(公衆栄養) ・施設別実習の目的及び内容について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
11 事前訪問:臨地実習持参物 ・持参物及び貸出物等について 実習の手引きの該当部分を予習しておく。
12 事前指導:事前訪問その他心得 ・電話のかけ方
・課題等確認事項
・実習先施設の利用上の注意事項等
実習の手引きの該当部分を予習しておく。
13~17 課題への取り組み 各課題について、担当科目教員及び臨地実習担当教員に指導を受け、まとめる。 ・関連授業科目の教科書等を復習しておく。
18~19 事後指導:レポート作成等 ・報告レポートのまとめ
・礼状準備
・実習関連資料を復習する。
20~22 事後指導:レポート作成・発表準備 ・課題への取組み状況等発表資料の作成及びプレゼンテーションについて ・実習関連資料を復習する。
23~24 報告発表会(給食経営管理) ・学生が学んだことについて共有し、討論する。 ・発表資料の作成
25~26 報告発表会(臨床栄養1) ・学生が学んだことについて共有し、討論する ・発表資料の作成
27~28 報告発表会(臨床栄養2) ・学生が学んだことについて共有し、討論する ・発表資料の作成
29~30 報告発表会(公衆栄養) ・学生が学んだことについて共有し、討論する ・発表資料の作成
〔評価基準〕
出席態度(質問・意見等)(50%)、報告会への対応及び内容(50%) 
〔教科書・参考図書〕
実習の手引き 、プリント(必要に応じて)、 各実習関連教科書等
〔履修要件〕
他学部からの履修「不可」


試験、レポート等については、フィードバックを行います。