総合リハビリテーション学部  リハビリテーション支援学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
工業教育指導法Ⅰ 3 前期 2 (30) 必修
担当者 寺重 隆視, 松浦 正史(非)

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
学校教育現場で必要となる教育全般に関する事項について幅広く理解するとともに、学校組織や教育課程の編成についての理解を深め、教員としての資質を養う。さらに担当教員の工業高校での指導経験や外部評価委員等学校教育に関する公的委員としての経験も踏まえ、学習指導要領や教科「工業」及び工業教育の実際についても講義する。
〔到達目標〕
学校教育全般を知るため基本となるキーワードを理解する。また、指導する上でベースとなる学習指導要領を理解し、工業高校における教育課程の編成や学科の特徴を生かした時間割が作成できるような力量を身につける。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 工業教育指導法とは 講義全体の概要を説明する。 シラバスを読む。
第2回 学校教育 学校教育に関する概要と高等学校の役割について学ぶ。 Webより、学校教育法及び同施行細則から高等学校の目的を調べる。
第3回 工業教育 工業教育の概要と特徴について学ぶ。 高等学校学習指導要領(工業)より専門高校について調べる。
第4回 工業教育における教師 工業教育における教師の役割について学ぶ。 自分が工業高校教師を志す動機や考えた意義について整理する。
第5回 高等学校学習指導要領 高等学校学習指導要領・総則について学ぶ。 高等学校指導要領解説の総則を調べる。
第6回 教科「工業」と工業教育1 高等学校学習指導要領 教科「工業」の内容と特徴について学ぶ。 高等学校学習指導要領 教科「工業」の内容と特徴を調べる。
第7回 教科「工業」と工業教育2 「工業」を構成する基礎的科目、代表的科目の目標、内容および指導方法について学ぶ。 「工業」を構成する、基礎的科目及び代表的科目の目標及び内容を調べる。
第8回 教科「工業」と工業教育3 工業高校特有の科目である「課題研究」の目標、内容および指導方法について学ぶ。 「課題研究」について内容及び方法を調べる。
第9回 教科「工業」と工業教育4 工業高校特有の科目である「実習」の目標、内容および指導方法について学ぶ。 「実習」について内容及び方法を調べる。
第10回 教科「工業」と工業教育5 工業高校特有の科目である「製図」の目標、内容および指導方法について学ぶ。 「製図」について内容及び方法を調べる。
第11回 教育課程の編成1 工業高校における教育課程の特徴について学ぶ。 高等学校学習指導要領解説 第3節工業教育の科目・編成について調べる。
第12回 教育課程の編成2 工業高校における教育課程の編成について学ぶ。 高等学校学習指導要領解説 学校設定科目、学校設定教科について調べる。
第13回 時間割編成の実際 工業高校における学科の特徴と時間割編成について学ぶ。 工業高校における学科の特徴と時間割編成の法的準拠を調べる。
第14回 工業教育の歩みと現状 わが国および諸外国における工業教育の歴史的変遷と現状について学ぶ。 我が国及び諸外国の技術者教育の変遷を調べる。
第15回 総合演習 講義全般に関わる総合的な演習を行う。 これまでの授業を復習する。
第16回 定期試験 試験の準備をする。
〔評価基準〕
講義中の演習問題等(60%)、レポート(20%)、講義への参加態度[質問・意見等](20%)
を総合的に評価する。
〔教科書・参考図書〕
◎文部科学省『学習指導要領解説 工業編』
○実教出版 教職課程研究会『工業科・技術科教育法』  
〔履修要件〕
教職に関する科目(教育課程及び指導法に関する科目)


試験、レポート等については、フィードバックを行います。