医療・福祉科学研究科  医療工学専攻前期・後期 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
分子生体機能構造学実習 1 後期 2 () 必修
担当者 山岡 薫, 小澤 淳也

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
分子生体機能学で学んだことを実践する。
〔到達目標〕
細胞におけるイオンチャネルと機能、およびその障害における病態との関係を説明できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
1~5回 分子生物学の実際 目的とする遺伝子を検出、増幅などの手技をまなぶ。
イオンチャネル遺伝子の細胞への導入方法などをまなぶ。
分子生体機能学特論で学習したことを復習する(各回60分程度)。
6~10回 電気生理学の実際 培養細胞にイオンチャネルを導入し、発現したイオンチャネルの活動を記録することを学ぶ。
11~15回 感覚ニューロンにおけるイオンチャネルの生理と病態 慢性疼痛動物の後根神経節細胞におけるイオンチャネル活動について学ぶ。
〔評価基準〕
レポート(100%) 
〔教科書・参考図書〕
△村松正實 他 (監修, 翻訳)『ヒトの分子遺伝学』メディカルサイエンスインターナショナル 2011年 978-4895926911 
〔履修要件〕
分子生体機能学に同じ。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。