医療・福祉科学研究科  医療工学専攻前期・後期 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
救急救命システム実習 1 後期(期間外) 2 () 必修
担当者 安田 康晴, 諌山 憲司

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
急激に変遷する救急医療体制に対応できる救急救命士の育成を目的とする。
〔到達目標〕
国内の救急医療体制の違いについての知識を修得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 ガイダンス 視察先の救急医療体制等の事前学習 視察先の救急体制等についてHP等で事前に調べる。 (60分)
第2回 視察研修 事前調査した機関の視察 視察先の救急体制等についてHP等で事前に調べる。 (60分)
第3回 視察研修 事前調査した機関の視察 視察先の救急体制等についてHP等で事前に調べる。 (60分)
第4回 視察研修 事前調査した機関の視察 視察先の救急体制等についてHP等で事前に調べる。 (60分)
第5回 視察研修 事前調査した機関の視察 視察先の救急体制等についてHP等で事前に調べる。 (60分)
第6回 視察研修 事前調査した機関の視察 視察先の救急体制等についてHP等で事前に調べる。 (60分)
第7回 視察結果のまとめ 視察結果のまとめ 視察先の救急体制等についてまとめる。 (60分)
第8回 視察結果の報告 視察結果の報告 視察先の救急体制等について報告する。 (60分)
〔評価基準〕
参加度(60%)、レポート(40%) 
〔教科書・参考図書〕
 
〔履修要件〕
定期授業の他に集中講義・期間外講義を行う。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。