医療・福祉科学研究科  医療工学専攻前期・後期 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
救急教育指導演習 1 後期 2 () 必修
担当者 安田 康晴, 諌山 憲司, 竹井 豊

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
救急救命士養成に必要な知識・技術について、客観的根拠等を提示したプレゼンテーションの作成及び指導技法を修得する。
〔到達目標〕
救急救命士養成に必要な知識・技術についての指導技法を修得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 指導技法総論 救急救命士養成に関わる指導技法について論説する 救急救命士テキスト等の内容を熟読する。 (60分)
第2回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第3回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第4回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第5回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第6回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第7回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第8回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第9回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第10回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第11回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第12回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第13回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第14回 指導技法各論 救急救命士養成の指導各論について論説及び実施する 指導する内容についの資料を作成する。 (60分)
第15回 まとめ 救急救命士養成の指導についてまとめる 指導した内容の資料をまとめる。 (60分)
〔評価基準〕
参加度(60%)、レポート(40%) 
〔教科書・参考図書〕
 
〔履修要件〕
定期授業の他に集中講義・期間外講義を行う。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。