医療福祉学部  医療福祉学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
ソーシャルワーク入門 1 後期 1 (30) 必修
担当者 下西 さや子, 包 敏, 山口 真里, 渡辺 晴子, 田川 雄一

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
社会福祉現場(高齢者福祉領域・障害者福祉領域・児童福祉領域・地域福祉領域・精神保健福祉領域)の職員(卒業生)による特別講義、社会福祉現場見学など、参加体験的な学習により、ソーシャルワークについての基礎的な価値、知識を学び、理解を深める。今後のキャリアデザインを描く契機を得る。
〔到達目標〕
多様な社会福祉現場の業務内容や専門職の専門性について理解する。
ソーシャルワークの意味を理解する。
今後のキャリアデザインを模索する契機を得る。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 オリエンテーション 授業のねらい、スケジュール、進め方の確認 高齢・児童・障害・精神保健・地域福祉領域における現状や課題について、新聞記事や文献等で理解を深めておく(60分)。
第2回 ソーシャルワークの理解(1) (1)ゲストスピーカーによる特別講義・演習(高齢・児童・障害・精神保健・地域福祉領域のいずれか) 高齢・児童・障害・精神保健・地域福祉領域の福祉について調べ、理解を深めておく(60分)。ゲスト・スピーカーの調整により、いずれの領域になるかは、授業開始時に周知する。
第3回 ソーシャルワークの理解(2) (2)ゲストスピーカーによる特別講義・演習(高齢・児童・障害・精神保健・地域福祉領域のいずれか) 高齢・児童・障害・精神保健・地域福祉領域の福祉について調べ、理解を深めておく(60分)。ゲスト・スピーカーの調整により、いずれの領域になるかは、授業開始時に周知する。
第4回 ソーシャルワークの理解(3) (3)ゲストスピーカーによる特別講義・演習(高齢・児童・障害・精神保健・地域福祉領域のいずれか) 高齢・児童・障害・精神保健・地域福祉領域の福祉について調べ、理解を深めておく(60分)。ゲスト・スピーカーの調整により、いずれの領域になるかは、授業開始時に周知する。
第5回 ソーシャルワークの理解(4) (1)(2)(3)ゲストスピーカーによる特別講義・演習のふり返り 授業内で、グループでのふり返りと報告を行うための準備として、課題レポートの整理を行っておく(90分)。
第6回 ソーシャルワークの実際(1) 施設見学のオリエンテーション 見学施設について事前に概要等を調べ、疑問・質問をまとめておく(60分)。
第7回 ソーシャルワークの実際(2) 施設見学(高齢領域・障害領域・児童領域) 見学施設について事前に概要等を調べ、疑問・質問をまとめておく。見学を行った施設について、学んだことなどをレポートにまとめる(90分)。
第8回 ソーシャルワークの実際(3) 施設見学(高齢領域・障害領域・児童領域) 見学施設について事前に概要等を調べ、疑問・質問をまとめておく。見学を行った施設について、学んだことなどをレポートにまとめる(90分)。
第9回 ソーシャルワークの実際(4) 施設見学(高齢領域・障害領域・児童領域) 見学施設について事前に概要等を調べ、疑問・質問をまとめておく。見学を行った施設について、学んだことなどをレポートにまとめる(90分)。
第10回 ソーシャルワークの実際(5) 施設見学(高齢領域・障害領域・児童領域) 見学施設について事前に概要等を調べ、疑問・質問をまとめておく。見学を行った施設について、学んだことなどをレポートにまとめる(90分)。
第11回 ソーシャルワークの実際(6) (1)(2)(3)ゲストスピーカーによる特別講義・演習と施設見学のふり返り 授業内で、グループでのふり返りと報告を行うための準備として、課題レポートの整理を行っておく(60分)。
第12回 ソーシャルワークの実際(7) 第2回の(1)(2)(3)ゲストスピーカーによる特別講義・演習と施設見学の報告 (1)(2)(3)ゲストスピーカーによる特別講義・演習内容と実践現場の施設見学体験を結びつけて振り返り、他の学生に説明ができるようにまとめておく(90分)。
第13回 ソーシャルワークの理解(5) (4)ゲストスピーカーによる講義・演習(精神保健・地域福祉領域) 精神保健・地域福祉領域の現状と課題について調べ、理解を深めておく。ゲスト・スピーカーの調整により、いずれの領域になるかは、授業開始時に周知する(60分)。
第14回 ソーシャルワークの理解(6) (5)ゲストスピーカーによる講義・演習(精神保健・地域福祉領域) 精神保健・地域福祉領域の現状と課題について調べ、理解を深めておく。ゲスト・スピーカーの調整により、いずれの領域になるかは、授業開始時に周知する(60分)。
第15回 ソーシャルワークの理解(7) 地域がキャンパスプロジェクト参加学生による活動報告 2018年度「地域がキャンパスプロジェクト」の概要について理解を深めておく(30分)。
〔評価基準〕
授業内課題(50%)、レポート課題等(50%)
提出したレポートについては、授業内でフィードバックを行う。
〔教科書・参考図書〕
※ 必要に応じて適宜、指定する。
〔履修要件〕
※ 他学部・他学科からの履修「不可」
※ 各回の授業内容は適宜指示する。
※ シラバスの内容については、受講者のこれまでの学びや理解をふまえ、変更することがある。
※ 通常の授業時間(時間割)外で施設見学を行う予定である。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。