総合リハビリテーション学部  リハビリテーション支援学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
見学実習 1 期間外講義 1 (45) 選択
担当者 南山 求, 佐々木 久登, 茂木 定之, 月城 慶一, 山田 哲生, 谷口 公友, 坊岡 正之, 齋 礼, 石原 茂和, 石原 恵子, 岩城 達也, 間島 利也, 森永 浩介

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
学生に「義肢装具士」としての意識を早期から高めさせる。対象者、義肢装具士、理学療法士、その他の関連職種と接することで、社会人としてのルールとマナーの遵守、医療専門職者としての職務意識、倫理観などを育成する
〔到達目標〕
1. 見学実習へ参加することにより、社会人としてのルールとマナーについて認識を深める
2. 義肢装具士の実務を見学することにより、義肢装具士の任務について認識を深める
3. 臨床実習への準備として、リハビリテーション専門職としての一翼を担う責任を感じ取る
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
教員の引率により病院、福祉施設、福祉機器製作会社等への見学を行う。 【実習前】
 全体的なオリエンテーションを行い、実習目標を立てる
【見学施設】 例
義肢装具製作所、福祉施設、高齢者施設、福祉機器製作所、福祉機器展示場など
【終了後】
チュートリ毎に実習総括レポート作成、全体での成果発表会

実習施設の情報収集と実習目標を明確にしておくこと
〔評価基準〕
1、レポート内容
2、実習報告会での報告内容
により総合的に判断する(100%)
〔教科書・参考図書〕
実習オリエンテーションを必ず受けること
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修は不可


試験、レポート等については、フィードバックを行います。