総合リハビリテーション学部  リハビリテーション支援学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
義肢装具基礎工作実習 1 後期 2 (90) 必修
担当者 大窪 伸太郎, 山田 哲生, 齋 礼, 石原 恵子, 谷口 公友

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
義肢装具の製作に関する基礎的な技術を学び、安全な作業をする事が出来る。
〔到達目標〕
材料や工具の特性を理解し、効率的な義肢装具の製作が出来る。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 ガイダンス 授業の進め方、工具の説明、設備機器の説明、注意事項など 復習:配布資料に基づき学習計画を立てる。
第2回 下腿義足(殻構造)の製作 ソフトインサートの製作 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第3回 下腿義足(殻構造)の製作 樹脂注型、切削加工 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第4回 下腿義足(殻構造)の製作 切削加工、組み立て 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第5回 下腿義足(殻構造)の製作 組み立て、外装、仕上げ 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第6回 下腿義足(殻構造)の製作 外装、仕上げ 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第7回 下腿義足(殻構造)の製作 外装、仕上げ 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第8回 プラスチック製短下肢装具の製作 採型 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第9回 プラスチック製短下肢装具の製作 陽性モデル修正 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第10回 プラスチック製短下肢装具の製作 真空成形 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第11回 プラスチック製短下肢装具の製作 切削加工 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第12回 金属製短下肢装具の製作 作図、あぶみ加工 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第13回 金属製短下肢装具の製作 あぶみ加工、支柱加工 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第14回 金属製短下肢装具の製作 支柱加工、組み立て、仕上げ 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
第15回 金属製短下肢装具の製作 組み立て、仕上げ 復習:配布資料について理解を深める。製作工程をノートにまとめる。
〔評価基準〕
製作物(50%)、授業への参加態度(30%)、課題(20%) 
〔教科書・参考図書〕
授業時に配布資料あり
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修は不可
授業前後に30分程度の予習復習をすること


試験、レポート等については、フィードバックを行います。