医療福祉学部  医療福祉学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
卒業研究Ⅱ 4 後期 2 (60) 必修
担当者 岡崎 仁史, 吉川 眞, 久保田 トミ子, 小坂 哲也, 下西 さや子, 眞砂 照美, 岡本 晴美, シェラー アンドレアス ウルリッヒ, 長澤 真由子, 包 敏, 渡辺 晴子, 池田 明子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
専門演習 IIで学んだ学生個人の関心ある課題・知識・技能をさらに深めて、研究を遂行する。関連する先行研究を読み込んで理解し、あわせて現実社会の福祉事象を対象とした社会福祉調査等による現状の把握・分析・解決策の模索などを通して、創造的研究を行う。これらを論文として執筆し、推敲を重ね、卒業論文を完成させて提出する。また、大学のテキストに従って研究者に求められる行動規範・倫理観を学ぶ。
〔到達目標〕
卒業論文の完成ならびにこれまでの総復習の勉強を通して、これまで学んできた社会福祉関連知識を確実に習得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回~第30回 卒業論文の作成 週4時間相当の時間を使って、指導教員に指導を受けながら卒業研究の課題についての研究を行って論文を作成する。 ゼミ指導教員の指示に従って研究を進めること。
第1回~第30回 総合的学習 大学入学以降に学んだ種々の授業から、専門職となるうえで重要な科目を重点的に復習して知識の習得を確かのものとする。 ゼミ指導教員の指示に従って学修を進めること。
〔評価基準〕
卒業論文およびゼミ学習状況について総合的に評価する。
〔教科書・参考図書〕
指導教員が個別に提示する。
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」


試験、レポート等については、フィードバックを行います。