総合リハビリテーション学部  リハビリテーション支援学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
卒業研究 4 通年 4 (120) 必修
担当者 南山 求, 佐々木 久登, 坊岡 正之, 茂木 定之, 石原 恵子, 石原 茂和, 齋 礼, 岩城 達也, 間島 利也, 山田 哲生, 月城 慶一, 森永 浩介

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
義肢装具学に関する研究の基本を学修し、研究計画から研究実施、卒業論文作成に至る一連の流れを学修する。
また、必要に応じて倫理小委員会への申請書作成を通して研究者に求められる行動規範、倫理観について学修する
〔到達目標〕
研究テーマの設定から論文作成までの研究の実際と問題点を考察する力を修得する
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
【3年次前期】
研究室に配置決定
研究テーマに関する文献抄読 興味あるテーマをいくつか準備しておくこと
【3年次後期】
研究テーマの決定 実験準備
ゼミ単位で研究実施、学習会
倫理小委員会申請書作成
国家試験模擬試験の実施
関連する論文の収集、精読をしておくこと
【4年次】
卒業研究テーマの研究継続
卒業研究発表会での発表 卒業研究論文提出
ゼミ単位で研究実施、学習会
国家試験模擬試験の実施
関連する論文の収集、精読をしておくこと
〔評価基準〕
卒業研究発表と卒業論文の作成結果から総合的に判断する
〔教科書・参考図書〕
特になし
〔履修要件〕
他学科からの履修「不可」
卒業研究を履修するためには「卒業研究着手要件」を充足する必要がある


試験、レポート等については、フィードバックを行います。