総合リハビリテーション学部  リハビリテーション学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
作業療法学演習(作業療法学専攻) 4 後期 2 (60) 必修
担当者 大井 博司, 三森 康世, 山路 博文, 小澤 恭子, 國貞 将志, 叢 麗, 平澤 玲, 舟木 優佳, 山岡 薫, 長谷 好記

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
4年間で学んだ知識を整理し、作業療法士国家試験に合格するための実力をつける。
〔到達目標〕
作業療法士国家試験の共通科目および専門科目に関する知識を国家試験形式で問われた時に、最低でも6割以上正答できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 オリエンテーション 授業の進め方、諸注意を行う シラバスを読んでおくこと
第2回 臨床神経学 小グループでのレクチャーおよび試問 該当科目について教科書や国家試験参考書等を用いて予習を必ず行っておくこと(各回60分)
第3回 整形外科
第4回 神経・筋生理学
第5回 脳卒中OT(評価法含む)
第6回 OT評価法(運動系)、運動学
第7回 神経系疾患OT、感覚
第8回 小児OT
第9回 精神OT
第10回 老年期OT、内部障害OT
第11回 OT概論・地域OT
第12回 精神医学
第13回 臨床心理学
第14回 ADL、住宅改修
第15回 整形OT
第16回 最終試験(国家試験形式) 国家試験合格の実力の有無を見極める 国家試験に問われるすべての内容を整理しておくこと(120分)
〔評価基準〕
試験(100%) 
〔教科書・参考図書〕
◎『クエスチョン・バンク理学療法士・作業療法士国家試験問題解説2017共通問題』メディックメディア
◎『クエスチョン・バンク作業療法士国家試験問題解説2017専門問題』メディックメディア  
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」


試験、レポート等については、フィードバックを行います。