医療栄養学部  医療栄養学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
応用栄養学実習 3 後期 1 (45) 必修
担当者 旭 久美子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
ライフステージ別の栄養ケアプロセスに関する実習を行うことで、講義で学修したライフステージ別の栄養アセスメント、栄養ケアについて理解を深める。
〔到達目標〕
ライフステージ別の栄養アセスメントの方法を理解する。 各アセスメント結果に基づく栄養ケア計画を立てることができる。 栄養ケア計画に基づき食事の提供ができる。食事提供も含めた評価ができる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1-3回 妊娠期・授乳期の栄養アセスメントと栄養ケア 事例に基づく栄養アセスメントと栄養ケア計画の策定 ライフステージ栄養学の妊娠・授乳期の復習
教科書:妊娠・授乳期を読んでおく。
(事前学習1時間)
第4-6回 乳児期の栄養ケア(調理実習)
幼児期の栄養アセスメントと栄養ケア
教材提供による、乳児期の栄養ケア実習
幼児期の事例に基づく栄養アセスメントと栄養ケア計画の策定
次週の妊娠期・授乳期の実習計画
ライフステージ栄養学の乳児期、幼児期の復習 教科書:乳児期、幼児期を読んでおく。
レポート課題作成
(事前学習1時間、復習2時間)
第7-9回 妊娠期・授乳期の栄養ケア(調理実習)
学童期の栄養アセスメントと栄養ケア
妊娠期・授乳期の栄養ケア(調理実習)
学童期の事例に基づく栄養アセスメントと栄養ケア計画の策定
次週の幼児期の実習計画
ライフステージ栄養学の妊娠・授乳期、学童期の復習  教科書:妊娠・授乳期、学童期を読んでおく。  レポート課題作成
(事前学習1時間、復習2時間)
第10-12回 幼児期の栄養ケア(調理実習)
成人期の栄養アセスメントと栄養ケア
幼児期の栄養ケア(調理実習)
成人期の事例に基づく栄養アセスメントと栄養ケア計画の策定
次週の学童期の実習計画
ライフステージ栄養学の幼児期、成人期の復習 教科書:幼児期、成人期を読んでおく。
レポート課題作成
(事前学習1時間、復習2時間)
第13-15回 学童期の栄養ケア(調理実習)
高齢期の栄養アセスメントと栄養ケア
学童期の栄養ケア(調理実習)
高齢期の事例に基づく栄養アセスメントと栄養ケア計画の策定
次週の成人期の実習計画
ライフステージ栄養学の学童期、高齢期の復習  教科書:学童期、高齢期を読んでおく。
レポート課題作成
(事前学習1時間、復習2時間)
第16-18回 成人期の栄養ケア(調理実習) 成人期の栄養ケア(調理実習)
次週の高齢期の実習計画
ライフステージ栄養学の成人期、高齢期の復習  教科書:成人期、高齢期を読んでおく。
レポート課題作成
(事前学習1時間、復習2時間)
第19-21回 高齢期の栄養ケア(調理実習) 高齢期の栄養ケア(調理実習) ライフステージ栄養学の高齢期の復習
教科書:高齢期を読んでおく。
(事前学習1時間、復習2時間)
第22-23回 実習を通じた、まとめと評価 班ごとに、実習での気づきと評価を発表し、相互検討会を行う。 各班で、第1回から第7回までのまとめの報告書を作成
(事前学習1時間、復習1時間)
第24回 試験 まとめ試験 各ライフステージのケーススタディについて栄養アセスメントおよび栄養ケア計画の策定が出来るようにしておく。
〔評価基準〕
試験(70%)、提出物(レポートなど)(30%)
提出物は、授業内でフィードバックを行う。
〔教科書・参考図書〕
◎五関正江、小林美智子他『応用栄養学実習-ケーススタディで学ぶ栄養マネジメント-』建帛社 2017年 978-4-7679-0599-0 
〔履修要件〕
他学部、他学科からの履修不可
ライフステージ栄養学、スポーツ栄養学を履修していること


試験、レポート等については、フィードバックを行います。