医療栄養学部  医療栄養学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
ライフステージ栄養学 3 前期 2 (30) 必修
担当者 八木 典子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
栄養管理の基本的な考え方を基に、各ライフステージにおける生理的特徴を理解するとともに、対象者の生活環境、身体状況、栄養状態に応じた栄養管理のあり方を習得する。本講義では、特に妊娠・授乳期から学童期・思春期までを対象とする。
〔到達目標〕
妊娠期・授乳期の身体変化および病態・疾患について学び、その栄養アセスメント・ケアについて理解する。
新生児期・乳児期の生理的特徴および病態・疾患について学び、その栄養アセスメント・ケアについて理解する。
幼児期の成長・発達および病態・疾患について学び、その栄養アセスメント・ケアについて理解する。
学童期・思春期の成長・発達および病態・疾患について学び、その栄養アセスメント・ケアについて理解する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 ライフサイクル 成長・発達、加齢の概念
成長・発達、加齢に伴う変化と栄養を概説できる。
シラバスおよび教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間)
第2回 妊娠期の栄養アセスメント 妊娠期の栄養アセスメントと栄養ケアについて説明できる。 復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第3回 妊娠期の病態・疾患と栄養ケア 妊娠期の病態・疾患と栄養ケアについて説明できる。 復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
臨床病態学の該当部分を復習しておく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第4回 授乳期の生理的特徴と栄養アセスメント 授乳期の生理的特徴を説明できる。
授乳期の栄養アセスメントについて説明できる。
復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第5回 授乳期の病態・疾患と栄養ケア 授乳期の病態・疾患と栄養ケアについて説明できる。 復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
臨床病態学の該当部分を復習しておく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第6回 新生児期・乳児期の生理的特徴 新生児期・乳児期の生理的特徴について説明できる。 復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第7回 新生児期・乳児期の栄養アセスメント 新生児期・乳児期の栄養アセスメントの方法について説明できる。 復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第8回 新生児期・乳児期の病態・疾患 新生児期・乳児期の病態・疾患について概説できる。 復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
臨床病態学の該当部分を復習しておく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第9回 新生児期・乳児期の栄養補給法と栄養ケア 新生児期・乳児期の栄養補給法を説明できる。
新生児期・乳児期の栄養ケアのあり方を説明できる。
復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第10回 幼児期の成長・発達 幼児期の成長と発達について説明できる。 復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第11回 幼児期の栄養状態の変化と栄養アセスメント 幼児期の栄養状態の変化について説明できる。
幼児期の栄養アセスメントについて説明できる。
復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第12回 幼児期の病態・疾患と栄養ケア 幼児期の病態・疾患について説明できる。
幼児期の栄養ケアについて説明できる。
復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
臨床病態学の該当部分を復習しておく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第13回 学童期、思春期の成長・発達と栄養状態の変化 学童期、思春期の成長・発達について概説できる。
学童期、思春期の栄養状態の変化について説明できる。
復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第14回 学童期、思春期の栄養アセスメント 学童期、思春期の栄養アセスメントの方法について説明できる。 復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間、復習1時間)
第15回 学童期、思春期の病態・疾患と栄養ケア 学童期、思春期の病態・疾患について概説できる。
学童期、思春期の栄養ケアについて説明できる。
復習をしておく。
教科書の該当部分を読んでおく。
臨床病態学の該当部分を復習しておく。
(事前学習1時間、復習1時間)
〔評価基準〕
試験(90%)、ノート(10%) 
〔教科書・参考図書〕
◎渡邊令子・伊藤節子・瀧本秀美編『応用栄養学』南江堂 2017年 ISBN978-4-524-26162-8 
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。