医療栄養学部  医療栄養学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
公衆栄養学実習 3 後期 1 (45) 必修
担当者 辻本 洋子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
エビデンスに基づき、マネジメントサイクルに沿って実施する公衆栄養活動の実践のために欠かせない専門的技術や手法を修得する。
〔到達目標〕
実習を通して、公衆栄養アセスメントの方法を体得する。アセスメント結果より、改善課題の抽出、目標設定の方法について実習する。
公衆栄養プログラム策定を手順に沿って実習し、策定手順を体得する。公衆栄養プログラムの実施・評価方法を実習する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1~3回 公衆栄養学実習の概要
アンケート調査による情報収集
公衆栄養学実習の概要を説明
アンケート調査表の作成と分析
シラバスを読んでおく。
教科書のアンケート調査による情報収集を読んでおく。(事前学習1時間)
第4~6回 既存の資料を用いた現状把握 既存の資料から現状を把握する 教科書の該当部分を読んでおく。(事前学習1時間)
第7~9回 改善課題の把握 グループディスカッションやワークショップにより改善課題を抽出する。
公衆栄養プログラムの計画・実施・評価を行う。
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間)
第10~12回 選出課題の優先順位の決定
改善目標項目の決定と目標値の設定
選出課題の優先順位を決定する。
改善課題の設定と長期・中期・短期目標の設定
目標値の設定
教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間)
第13~15回 公衆栄養活動計画の作成 前回の課題・目標の設定を基に公衆栄養活動計画を立てる。 教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間)
第16~18回 公衆栄養事業計画書の作成 前回の計画書に基づいて事業計画書を作成する。 教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間)
第19~21回 事業実施計画とプロセス評価表の作成 事業計画1回目の事業実施計画とプロセス評価表を作成する。 教科書の該当部分を読んでおく。
(事前学習1時間)
第22~23回 各班の事業実施計画に基づいた事業を発表、相互評価 各班の事業実施計画に基づいた事業を発表し、相互評価を行う。 事業実施対象者を想定した指導(20分間)の実施準備と評価アンケートの作成
(事前学習2時間)
〔評価基準〕
実習レポート(70%)、実習態度(30%)
試験、レポート等については、フィードバックを行います。
〔教科書・参考図書〕
◎橋本加代、嶋津裕子、木林悦子、林宏一、大畑仁美、千歳万里、伊藤裕美著『現場で役立つ公衆栄養学実習』同文書院 2017年 ISBN978-4-8103-1435-5 
〔履修要件〕
他学部・他学科からの履修不可  社会環境と健康・栄養政策、公衆栄養マネジメントを履修していること


試験、レポート等については、フィードバックを行います。