心理学部  心理学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
情報処理Ⅰb 1 後期 1 (30) 必修
担当者 大西 厳, 糸川 裕子, 宮崎 龍二, 間島 利也

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
コンピュータを使った基本的な処理能力を獲得する。大学生活において積極的に活用できるように、表計算ソフトのツールを中心に機能を紹介し、演習を通して基本技能を身に付ける。情報処理Iaと同様にLMS(CoursePower)を活用し、さらにワープロとの連携によりレポート文書や論文を作成する能力を習得する。
〔到達目標〕
WordとExcelを連携させることによって、さまざまなレポートが作成できる能力を獲得する。LMS(CoursePower)を活用するとともに、レポート作成に必要なExcelの表やグラフの作成能力を身に付ける。また、Excel関数の使い方の基本をマスターする。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 文書作成とLMS(CoursePower)の復習 文書作成の諸機能、LMS(CoursePower)の操作について復習する。 前期の内容(文書作成、2段組み、書式設定、LMSの操作方法)をよく復習しておくこと。(60分)
第2回 表計算ソフトの使い方(1)データの入力。LMS(CoursePower)の活用。 基本機能の説明とデータ入力について学習する。この回以降、課題の取得および提出は、LMS(CoursePower)でおこなう。 教科書の第1章をよく読んでおく。(30分) 基本用語を覚えておくこと。自宅からLMS(CoursePower)を使って課題を取得しておく。(30分)
第3回 表計算ソフトの使い方(2)レイアウト 表の装飾とレイアウト設定について学習する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 教科書の第2章をよく読んでおくこと。(30分) 文書作成は演習時間におこないます。
第4回 表計算ソフトによる表計算(1)基礎 数式を利用した表計算について学習する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 教科書の第3,4,5章をよく読んでおくこと。(30分) 文書作成は演習時間におこないます。
第5回 表計算ソフトによる表計算(2)応用 表計算の活用方法について学習する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 教科書の第6,7章を読んでおくこと。文書作成は演習時間におこないます。(30分)
第6回 表計算ソフトによるグラフ作成(1)基礎 グラフの作成方法の基礎について学習する。 教科書の第8章をよく読んでおくこと。(30分) また、第2,3,4,5回目の課題内容を復習しておくこと。(30分)
第7回 表計算ソフトによるグラフ作成(2)応用 グラフ作成方法の応用について習得する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 第2,3,4,5,6回目の課題内容を復習しておくこと。(30分)
第8回 表計算ソフトによるデータベース データベースとしての表の利用方法について学習する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 教科書の第9章を読んでおく。(30分) 文書作成は演習時間におこないます。
第9回 表計算ソフトにおける関数の使い方(1)数学関数 数学関数の使い方について習得する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 第7,8回目の課題を自力で作成できるようにしておくこと。(30分)
第10回 表計算ソフトにおける関数の使い方(2)統計関数 統計関数の使い方について習得する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 第9回目の課題を自力で作成できるようにしておくこと。(30分)
第11回 表計算ソフトにおける関数の使い方(3)論理関数 論理関数と、検索・数学・統計関数との組み合わせについて学習する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 第10回目の課題を自力で作成できるようにしておくこと。(30分)
第12回 表計算ソフトとワープロとの連携(1)基礎 表計算ソフトとワープロソフトの連携について学習する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 情報処理Iaで使用した教科書 第9章 pp.238-243をよく読んでおくこと。(30分)
第13回 表計算ソフトとワープロとの連携(2)演習 表計算ソフトとワープロソフトの連携させて、表およびグラフを使った基礎的なレポート文書を作成する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 第12回目の課題が、自力で作成できるようにしておくこと。(30分)
第14回 表計算ソフトとワープロとの連携(3)応用 表およびグラフの入った実践的なレポート文書を作成する。 前回の課題を完成させ提出しておくこと。(30分) 第13回目の課題が、自力で作成できるようにしておくこと。(30分)
第15回 まとめ 表計算の総合課題を実施する。 これまでの全課題を、自力で作成できるようにしておくこと。(60分)
〔評価基準〕
演習課題90%、評価課題10%の合計100%を満点として評価する。ただし、演習課題の提出は、その回の講義に出席していることを前提とし、遅刻および欠席のあった回のレポートは相応に減点する。また、不完全なレポートに対しても相応に減点する。
〔教科書・参考図書〕
◎ 小舘由典ほか、『できる Excel 2013 Windows 10/8.1/7対応』、インプレスジャパン、2015年、ISBN 978-4-8443-3823-9
◎ 田中亘ほか、『できる Word 2013 Windows 10/8.1/7対応』、インプレスジャパン、2015年、ISBN 978-4-8443-3824-6 (情報処理Iaの教科書。第1回および第12-15回目の授業で使用します。)
〔履修要件〕
原則として他学部他学科からの履修は「不可」とする。ただし、どうしても他学部他学科から履修をしなければならない事態が生じた場合は、事前に授業担当教員の承認を得てから履修申請をすること。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。