看護学部  看護学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
専門職連携基礎演習Ⅰ 1 前期 1 (30) 必修
担当者 川井 八重, 俵 由美子, 糠信 憲明, 乗越 健輔, 山田 智子, 和田 寿子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
健康・医療・福祉に関わる様々な専門職は皆、サービス利用者の利益を第一に考えていることを理解する。自分が目指す職種や他職種は、サービスの利用者を中心としたチームのメンバーであり、その連携の重要性を理解する。様々な職種の業務内容を広く知ることができる課題を設け、各専門職の関わり等をグループで学習、議論する。様々な考え方を持つ集団の中で、自分の言葉で論理的に説明し、他者の話を理解し判断する能力を育成する。
〔到達目標〕
1.健康・医療・福祉において、サービス利用者の利益が第一に考えられていることを説明できる。
2.サービス利用者を中心に様々な専門職が連携するチームの重要性を説明できる。
3.様々な考え方を持つ集団の中で、自分の言葉で論理的に説明し、他者の話を理解し
判断することができる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回
(混成)
専門職連携教育(IPE)導入にあたっての説明 IPEに関する教材を配布し、そのねらいや必要性を説明する。 予習:「キャリアブック」を読み、各専門職の業務内容と特色について調べ、それぞれの職種が利用者に果たす役割について理解しておくこと。(各30分)
第2回
(混成)
健康・医療・福祉に関する専門職の種類と役割 健康・医療・福祉分野での専門職について、調べた内容について議論する。
第3回
(混成)
第4回
(混成)
第5回
(混成)
第6回
(混成)
第7回
(混成)
具体的事例を基にした多職種連携に関する基礎の整理 各事例での各職種が果たす役割について、これまでの自分が知っていた内容やイメージと実際との合致点・相違点を整理し、意見をまとめる。 予習:各チームが想定した事例から問題点を探して調べておく。プレゼンテーションがあることを前提に、前回までの整理を行い、重点を置くポイントを考え、まとめ方の構想を練っておくこと。(各30分)
第8回
(混成)
第9回
(混成)
第10回
(混成)
第11回
(混成)
各チームの発表 選択した事例ごとに、それぞれ発表し、意見交換を行う。 発表プレゼンテーションの準備をしておくこと。(各30分)
第12回
(混成)
第13回
(混成)
各チームの発表の修正とまとめ 発表して気づいたことや、改善点を盛り込み修正する。なお、選ばれたチームはコンテストの準備を行う 復習:発表して気づいたことや、改善点整理しておくこと。(30分)
第14回
(混成)
最終発表会 選ばれたチームの発表を聞き、多職種連携についての理解を深める。 復習:これまでの授業内容を振り返り気づきを整理しておくこと。(30分)
第15回
(混成)
〔評価基準〕
プレゼンテーション(50%)、レポート(50%) 
〔教科書・参考図書〕
◎『IPEの手引き』
◎『キャリアブック』
参考図書は授業で配付します。購入の必要はありません。
〔履修要件〕
 


試験、レポート等については、フィードバックを行います。