保健医療学部  診療放射線学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
英語Ⅱb 1 後期 1 (30) 必修
担当者 山中 英理子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
この授業は、英語2aに引き続いて、様々な聴解ストラテジーを活用しながら、口語英語を細部まで聞き取る力を養うと共に、文法的に完全とは言えないものの、各人の英語力に応じた量の英語を話す力を更に高めることを目的とする。なお、授業はクラスごとに決められた教科書に沿った形で進められ、取り上げるストラテジーや言語機能(言葉の働き)、およびユニット番号の順序は適宜入れ替わる場合がある。
〔到達目標〕
1. レベルに応じた速度・内容の英文を聴解できる。
2. 簡単な質疑応答からスピーチ、プレゼンテーションまでレベルに応じた発信ができる。
3. 積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲を養い、国際的場面で活躍できる素地を持つことができる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 オリエンテーション 授業の進め方、教科書、評価方法などを確認する シラバスを読んでおく
予習:Unit 1の指定箇所の問題を解いておく(60分)
第2回 (Listening)会話の状況を探る 会話の状況を探りながら聞き取るポイントを学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 1(30分)、予習:Unit 2の指定箇所(30分)
第3回 (Speaking)予定を述べる表現を学ぶ 予定を述べる際の様々な表現を学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 2(30分)、予習:Unit 3の指定箇所(30分)
第4回 (Listening)キーワードを把握する キーワードを把握しながら聞き取るポイントを学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 3(30分)、予習:Unit 4の指定箇所(30分)
第5回 (Speaking)提案する表現を学ぶ 提案する際の様々な表現を学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 4(30分)、予習:Unit 5の指定箇所(30分)
第6回 (Listening)話者の意図を推測する 話者の意図を推測しながら聞き取るポイントを学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 5(30分)、予習:Unit 6の指定箇所(30分)
第7回 (Speaking)意見を尋ねる表現を学ぶ 意見を尋ねる際の様々な表現を学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 6(30分)、予習:Unit 7の指定箇所(30分)
第8回 (Listening)背景知識を活用する 背景知識を活用しながら聞き取るポイントを学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 7(30分)、予習:Unit 8の指定箇所(30分)
第9回 (Speaking)指示する表現を学ぶ 指示する際の様々な表現を学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 8(30分)、予習:Unit 9の指定箇所(30分)
第10回 (Listening)話の展開を予測する 話の展開を予測しながら聞き取るポイントを学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 9(30分)、予習:Unit 10の指定箇所(30分)
第11回 (Speaking)称賛する表現を学ぶ 称賛する際の様々な表現を学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 10(30分)、予習:Unit 11の指定箇所(30分)
第12回 (Listening)論理の展開を把握する 論理展開を把握しながら聞き取るポイントを学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 11(30分)、予習:Unit 12の指定箇所(30分)
第13回 (Speaking)反論する表現を学ぶ 反論する際の様々な表現を学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 12(30分)、予習:Unit 13の指定箇所(30分)
第14回 (Listening)視覚情報を介して聞き取る 視覚情報を手掛かりに聞き取るポイントを学び、コミュニケーション演習を行う 復習:Unit 13(30分)、予習:Unit 14の指定箇所(30分)
第15回 授業のまとめ 講義全体を振り返り、総括を行う これまで学修した箇所を復習しておく(90分)
〔評価基準〕
試験(70%)、授業への取り組みおよび課題(30%) 
〔教科書・参考図書〕
◎Mayumi Hamada / Hiromi Akimoto『Golden Age of Hollywood』MACMILLAN LANGUAGEHOUSE 2013年 978-4-7773-6477-3 
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「可」。特に履修のために前提となる科目はありません。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。