医療福祉学部  医療福祉学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
精神保健福祉援助実習指導Ⅰ(保育学専攻) 3 前期 1 (30) 選択
担当者 眞砂 照美, 川崎 竜太, 河村 隆史(非)

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
精神保健福祉援助実習を前に、その意義を理解する。また、精神障害者のおかれている現状を理解し、その生活の実態や生活上の困難について理解する。さらに、精神保健福祉援助に係る知識と技術について具体的かつ実際的に理解し、実践的な技術等を体得する。
精神保健福祉援助実習に係る個別指導及び集団指導を通し、実習の意義・目的と、精神障害者のおかれている状況について理解を深め、自己の問題意識を醸成させる。
〔到達目標〕
精神保健医療福祉の現状と利用者理解に関する基本的な理解をする。また、精神保健福祉士に求められる職業倫理を習得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 実習の流れ 実習教育における概要 教科書および関連した資料を読んでおくこと
第2回 実習の意義 実習の位置づけ
第3回 精神保健医療福祉の現状に関する基本的な理解 利用者理解
第4回
第5回 精神障害者にかかわる法制度
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回 専門職の役割 精神科リハビリテーションなど
第11回
第12回 社会資源に関する理解 精神科病院、精神科診療所など
第13回 障害者支援施設、障害者サービス提供事業者など
第14回
第15回 まとめ 振り返りや全般的なまとめ
〔評価基準〕
授業での討論およびレポート(30%)、授業の理解度(70%)
実習科目であるため、全出席が原則である。
〔教科書・参考図書〕
◎『新・精神保健福祉士養成講座 第9巻精神保健福祉援助実習指導・実習 第2版 』
日本精神保健福祉士養成校協会編
2015年、中央法規
ISBN 978-4-8058-5120-3

〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」
精神保健福祉士を目指す学生を対象とした実習科目である。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。