総合リハビリテーション学部  リハビリテーション支援学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
装具Ⅴ(特殊装具) 3 後期 2 (30) 必修
担当者 山田 哲生

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
特殊装具等に関する概要を理解する。
〔到達目標〕
特殊装具等の概要を理解し、製作のポイントを把握している。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
1回 総論 全体的な説明 参考資料などによる予習
2回 補綴に関する基礎知識 補綴の歴史と現状における基礎的な技術に関する説明 参考資料などによる予習
3回 補綴における印象材 印象材によるモデル採取に関する基礎知識の習得 参考資料などによる予習
4回 ワックスモデルの製作1 ワックスモデルを製作し、気泡などの処理及びしわの復元技術に関する基礎的な知識の習得 参考資料などによる予習
5回 ワックスモデルの製作2 ワックスモデルを製作し、気泡などの処理及びしわの復元、
左右の反転技術の習得
参考資料などによる予習
6回 シリコン樹脂 シリコン樹脂の脱泡法とシリコン着色に関する基礎的な知識の習得 参考資料などによる予習
7回 シリコン樹脂 シリコン樹脂の脱泡法とシリコン着色に関する基礎的な知識の習得 参考資料などによる予習
8回 着色1 色の三原色から肌に関する色を作り出す、着色技術の基礎的な知識の習得 参考資料などによる予習
9回 着色2 色の三原色から肌に関する色を作り出す、着色技術の基礎的な知識の習得 参考資料などによる予習
10回 着色3 色の三原色から肌に関する色を作り出す、着色技術の基礎的な知識の習得 参考資料などによる予習
11回 仕上げ1 着色後のコーティングに関する知識の習得 参考資料などによる予習
12回 仕上げ2 着色後のコーティングに関する知識の習得 参考資料などによる予習
13回 まとめ1 全体の作業工程の復習 参考資料などによる予習
14回 まとめ2 全体の作業工程の復習 参考資料などによる予習
15回 まとめ3 様々な補綴に関する症例を通して作業内容の紹介 参考資料などによる予習
〔評価基準〕
出席(60%)、授業への参加態度(20%)、成果物(20%) 
〔教科書・参考図書〕
授業時に必要な資料配布あり
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修は不可
授業前後に30分程度の予習復習をすること


試験、レポート等については、フィードバックを行います。