総合リハビリテーション学部  リハビリテーション支援学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
装具Ⅱ(体幹装具) 3 前期 2 (30) 必修
担当者 山田 哲生, 森永 浩介

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
脊椎疾患に対応した体幹装具のデザイン 決定、製作および適合を行えるようになるために、脊椎のバイオメカニクス、疾患学、装具学等の基礎知識を習得する。特に腰痛症に対する装具(コルセッ卜を含む)、脊椎圧迫骨折に対する装具、特発性側彎症に対する装具、脊椎疾患術後に対する装具など各装具の利点欠点を理解したうえで製作できるよう学修させる。
〔到達目標〕
・脊椎の機能解剖を理解する。
・体幹装具の適応疾患、それに関する用語と定義、分類を理解する。
・体幹装具の疾患の違いによる設計ができる。
・体幹装具の採型、採寸および適合の要点が説明できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 体幹装具概論 用語と定義 予習:シラバス・教科書を読んでおく事
第2回 脊椎疾患の治療方法 脊椎疾患の原因とその治療方法 予習:教科書を読んでおく事
第3回 脊椎疾患における装具 脊椎疾患における装具の目的 予習:教科書を読んでおく事
第4回 腰仙椎装具概論 腰仙椎疾患の治療方法 予習:教科書を読んでおく事
第5回 腰仙椎装具の構造 腰仙椎疾患における装具の役割 予習:教科書を読んでおく事
第6回 胸腰仙椎装具概論 胸椎疾患の治療方法 予習:教科書を読んでおく事
第7回 胸腰仙椎装具の構造 胸椎疾患における装具の役割 予習:教科書を読んでおく事
第8回 頚椎装具概論 頚椎疾患の治療方法 予習:教科書を読んでおく事
第9回 頚椎装具の構造 頚椎疾患における装具の役割 予習:教科書を読んでおく事
第10回 側弯症装具概論 側弯症の治療方法 予習:教科書を読んでおく事
第11回 側弯症装具の構造 側弯症における装具の役割 予習:教科書を読んでおく事
第12回 脊椎疾患ケーススタディ(腰椎疾患) 課題とする症例を各グループごとで考察し、発表する 予習:教科書を読んでおく事
第13回 脊椎疾患ケーススタディ(胸椎疾患) 課題とする症例を各グループごとで考察し、発表する 予習:教科書を読んでおく事
第14回 脊椎疾患ケーススタディ(頚椎疾患) 課題とする症例を各グループごとで考察し、発表する 予習:教科書を読んでおく事
第15回 まとめ 体幹装具の概念の確認 予習:前回までの講義を把握しまとめておく事
〔評価基準〕
定期試験(60%)、レポート(30%)、講義参加への参加態度(質問・意見等)(10%)
定期試験、レポートおよび講義参加への態度等により、総合的に評価する。
〔教科書・参考図書〕
◎日本整形外科学会『義肢装具のチェックポイント第8版』医学書院 2014年 978-4260017442
△Stanley Hoppenfeld『図解四肢と脊椎の診かた』医歯薬出版株式会社 1984年 978-4263203682
○川村次郎 他『義肢装具学 第4版』医学書院 2009年 978-4-260-00510-4
装具学 第4版
〔履修要件〕
他学部、他学科からの履修「不可」


試験、レポート等については、フィードバックを行います。