総合リハビリテーション学部  リハビリテーション支援学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
義肢Ⅲ実習(大腿義足) 3 前期 1 (45) 必修
担当者 月城 慶一, 山田 哲生, 森本 哲平(非)

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
切断端の観察と評価方法、採寸・採型技術、義足の組み立て技術、義足部品の種類別機能を考慮した選択、ソケットの適合技術、アライメン卜の設定方法等、大腿義足を製作するために必要な基礎的'知識と技術を習得する。実際の大腿切断者(モデル)の義足を製作する実習を通して大腿義足の製作・適合の流れを理解する。モデルの評価からはじまり、コミュニケ一シヨンの図り方やカル テへの記入方法、ソケットと部品の選定と組み合わせを含む義足の設計、仮合わせ、修正、完成、適合判定までの各工程で必要なスキルを習得する。
〔到達目標〕
・大腿切断者(モデル)とコミュニケーションを図り、義足の処方及び製作に必要な情報を聞き取り情報の記録ができる。
・大腿義足の製作。適合のために、モデルの特徴を考慮したソケットと部品の選定ができる。
・大腿部の採寸および採型、陽性モデルの修正、ソケットの製作ができる。
・大腿義足の部品の機能を理解し、適切に扱うことができる。
・大腿義足を組み立て、ベンチアライメントの設定ができる。
・大腿義足を切断者であるモデルの方に適切に装着し試歩行を行い、ソケットの適合と評価、アライメントの調整と評価が実践できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 大腿義足概論 オリエンテーション
採寸、ブリム製作、ブリムによる採型デモ
参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第2回 四辺形ソケット(1) 学生同士による採寸、ブリム製作、ブリムによる採型 参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第3回 四辺形ソケット(2) モデル被験者による採寸・採型
ギブスソケットによる適合
参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第4回 四辺形ソケット(3) 陽性モデルの修正 参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第5回 四辺形ソケット(4) チェックソケットの成形
ソケットの埋め込み
参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第6回 四辺形ソケット(5) ベンチアライメントの組立て 参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第7回 四辺形ソケット(6) ソケットの適合
試歩行
参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第8回 膝継手の種類と機能 膝継手の違いによる歩行機能評価 参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第9回 IRCソケット(1) IRCソケット採型デモ
学生同士による採寸・採型実習
参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第10回 IRCソケット(2) モデル被験者による採寸・採型 参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第11回 IRCソケット(3) 陽性モデルの修正 参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第12回 IRCソケット(4) チェックソケットの成形
ソケットの埋め込み
参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第13回 IRCソケット(5) ベンチアライメントの組立て 参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第14回 IRCソケット(6) ソケットの適合
試歩行
参考書「義肢学」「切断と義肢」「義肢製作マニュアル」の左記要点について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第15回 まとめ 製作した大腿義足の自己評価およびプレゼンテーション 予習:前回までの実習内容の把握し、まとめておく事(60分)
〔評価基準〕
レポート(50%)、試験(40%)、実習への参画度(10%)
レポート、試験および実習参加への態度等により、総合的に評価する。
〔教科書・参考図書〕
義肢1で使用する教科書
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」


試験、レポート等については、フィードバックを行います。