総合リハビリテーション学部  リハビリテーション学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
地域作業療法学演習 3 前期 1 (30) 必修
担当者 山路 博文, 叢 麗

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
地域作業療法学総論・各論の仕上げとして、地域作業療法に関する演習を行う。
〔到達目標〕
地域作業療法の実践に関する企画・立案・実行・振り返りができる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 オリエンテーション 全体の流れについて説明 シラバスを読んでおくこと
第2回 地域作業療法学演習 企画 その1 プログラムの企画を行う 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第3回 地域作業療法学演習 企画 その2 プログラムの企画を行う 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第4回 地域作業療法学演習 企画 プログラムの企画を行う 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第5回 地域作業療法学演習 実践その1 地域で生活している障害者を招いて、
プログラムに参加して頂く。
障害を抱えた方を招聘予定
第6回 地域作業療法学演習 実践その2 地域で生活している障害者を招いて、
プログラムに参加して頂く。
障害を抱えた方を招聘予定
第7回 地域作業療法学演習 振り返り 実践の振り返りを行う 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第8回 地域作業療法学演習 PART2 プログラムの企画を行う 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第9回 地域作業療法学演習 PART2 プログラムの企画を行う 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第10回 地域作業療法学演習 PART2 プログラムの企画を行う 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第11回 地域作業療法学演習 PART2 プログラムの企画を行う。 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第12回 地域作業療法学演習 PART2 地域で実践している方を講師を招いて先端の取り組みを学ぶ 外部講師招聘
第13回 地域作業療法学演習 PART2 学生同士で実践 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第14回 発表会 報告発表を行う 教科書の指定箇所を読んでおくこと
第15回 まとめ 全体の総括 これまでの内容を確認すること
〔評価基準〕
実習(60%)、レポート(20%)、参加態度(20%) 
〔教科書・参考図書〕
◎長崎重信監修『作業療法学 ゴールドマスターテキスト9 地域作業療法学・老年期作業療法学』中央法規 2012年 978-4-7583-1124-3 
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。