総合リハビリテーション学部  リハビリテーション学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
作業療法管理運営学 3 後期 2 (30) 必修
担当者 山路 博文

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
作業療法士が実践するにあたって必要な安全管理運営の知識について包括的に学ぶ。
〔到達目標〕
作業療法を実践する上での、診療報酬、施設認可、指導や監査、安全管理について説明できる。
作業療法士として必要な接遇を実践できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 オリエンテーション 全体のオリエンテーション 配布資料に目を通しておくこと
第2回 職業管理1 作業療法部門の方針、人事、予算 配布資料に目を通しておくこと
第3回 職業管理2 作業療法部門の方針、人事、予算 配布資料に目を通しておくこと
第4回 職業管理3 作業療法部門の方針、人事、予算 配布資料に目を通しておくこと
第5回 職業管理4 作業療法部門の方針、人事、予算 配布資料に目を通しておくこと
第6回 施設管理1 診療報酬の仕組み 配布資料に目を通しておくこと
第7回 施設管理2 診療報酬の仕組み 配布資料に目を通しておくこと
第8回 安全管理1 感染症や衛生の管理 配布資料に目を通しておくこと
第9回 安全管理2 感染症や衛生の管理 配布資料に目を通しておくこと
第10回 安全管理3 感染症や衛生の管理 配布資料に目を通しておくこと
第11回 接遇1 医療人として必要な接遇 配布資料に目を通しておくこと
第12回 接遇2 医療人として必要な接遇 配布資料に目を通しておくこと
第13回 接遇3 医療人として必要な接遇 配布資料に目を通しておくこと
第14回 接遇4 医療人として必要な接遇 配布資料に目を通しておくこと
第15回 接遇5 医療人として必要な接遇 配布資料に目を通しておくこと
第16回 まとめ 全体の振り返り・討議・発表 配布資料に目を通しておくこと
〔評価基準〕
試験(70%)、受講態度(15%)、提出課題(15%) 
〔教科書・参考図書〕
資料を配布する。
〔履修要件〕
他学科他専攻からの履修は不可


試験、レポート等については、フィードバックを行います。