保健医療学部  医療技術学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
救急救命学演習Ⅰ 3 前期 1 (30) 必修
担当者 安田 康晴, 山本 弘二, 諌山 憲司

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
1年次、2年次で学修してきた基礎医学から臨床救急医学まで、基礎知識および様々な状況下での応用知識について総合的に演習を行う。救急救命士として求められる人物像や医療現場における救急救命士の役割、救急救命士を取り巻く医療体制や制度等の変化について、学生同士で討論させ、チーム医療を担う救急救命士という職種や業務内容について学ばせることで、生涯に亘り救急救命士として学び続ける意欲を持たせる。さらに、救急救命士の国家試験に合格するための科目を中心とした知識を修得する。
〔到達目標〕
救急救命士に関する基礎・応用知識について総合的に演習を行い、救急救命士の国家試験に合格するための知識を修得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 ガイダンス 演習の流れについて シラバスを熟読し、予習すること。
第2回 生命倫理と医の倫理 生命倫理の原則と医の倫理の沿革
患者の権利
参考書「生命倫理と医の倫理」について記載されている箇所を熟読し、予習する。 (60分)
第3回 救急医療体制 病院前医療、医療計画と救急医療体制
救急医療機関、救急医療情報
参考書「救急医療体制」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第4回 救命の連鎖と市民教育 救命の連鎖
市民による一次救命処置
市民教育
参考書「救命の連鎖と市民教育」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第5回 メディカルコントロール体制 概念
メディカルコントロール協議会
メディカルコントロール業務
参考書「メディカルコントロール体制」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第6回 救急救命士に関連する法令 法令の基本、救急救命士法
医師法、保健師助産師看護師法
消防法、医療法
参考書「救急救命士に関連する法令」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第7回 救急救命士の養成と生涯教育 救急救命士の養成
救急救命士の生涯教育
病院実習
参考書「救急救命士の養成と生涯教育」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第8回 消防機関における救急活動の流れ 119番受信と口頭指導、現場到着までの活動
現場活動、医療機関の選定と搬送、通信体制
救急活動の記録、他の関係機関との連携
参考書「消防機関における救急活動の流れ」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第9回 コミュニケーションと問診 接遇とコミュニケーションの種類
対象に応じたコミュニケーション
問診、救急活動でのインフォームドコンセント
参考書「コミュニケーションと問診」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第10回 安全管理と事故対応 リスクマネージメント、傷病者への事故
救急救命士等への事故、医療事故と医療過誤
救急活動における事故の報告と対応
参考書「安全管理と事故対応」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第11回 感染対策 感染予防策と感染防御
洗浄と消毒
感染事故と事故後の対応
参考書「感染対策」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第12回 ストレス対策 救急活動でのストレス 参考書「ストレス対策」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第13回 災害医療体制 災害の概念、多数傷病者対応
災害医療体制、トリアージ、特殊災害
参考書「災害医療体制」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第14回 検査 検査の目的と種類
緊急検査
参考書「検査」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第15回 まとめ 半期授業内容についてのまとめ 授業内容について復習しておく。(60分)
〔評価基準〕
参加度(50%)、効果測定(50%) 
〔教科書・参考図書〕
救急救命士テキスト上巻・下巻(救急救命処置演習・実習1で購入分)を教科書として使用する。
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」。
定期授業の他に集中講義・期間外講義を行う。



試験、レポート等については、フィードバックを行います。