保健医療学部  医療技術学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
救急救命高度演習・実習Ⅰ 3 前期 2 (90) 必修
担当者 山本 弘二, 諌山 憲司, 友安 陽子, 江戸 修一, 工西 利治, 稲田 和則(非), 坂口 英児

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
救急救命士は特定行為を行うことができる。特定行為には気管挿管を含む器具を用いた気道の確保や静脈路確保と薬剤投与、さらに血糖値測定とブドウ糖の投与がある。これらの特定行為を対象とした症例のシミュレーションをとおし、傷病者の観察・判断・処置・搬送が的確にできるように知識と技術を修得する。
〔到達目標〕
特定行為を対象とした症例のシミュレーションをとおし、傷病者の観察・判断・処置・搬送が的確にできるように知識と技術を修得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 プレテストと復習 これまでの実習の復習を行う。 1・2年次で学んだことを復習しておく。(60分)
第2回 器具による気道確保1 声門上気道デバイス(ラリンゲアルチューブ、ラリンゲアルマスク、アイ・ジェル、コンビチューブ)の準備と適応、使用方法を修得する。 「救急救命士標準テキスト」の「声門上気道デバイス」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第3回 器具による気道確保2 声門上気道デバイス(ラリンゲアルチューブ、ラリンゲアルマスク、アイ・ジェル、コンビチューブ)を用いた救急救命処置について、シミュレーション実習を通して修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「声門上気道デバイス」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第4回 器具による気道確保3 気管挿管の準備と適応、使用方法を修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「気管挿管」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第5回 器具による気道確保4 気管挿管を用いた救急救命処置について、シミュレーション実習を通して修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「気管挿管」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第6回 器具による気道確保5 すべての器具による気道確保について理解度を確認するため効果測定を行う。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「気道確保」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第7回 静脈路確保と薬剤投与1 静脈路確保の目的と適応、静脈路確保に必要な器具と準備方法を修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「静脈路確保」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第8回 静脈路確保と薬剤投与2 静脈路確保を用いた救急救命処置について、シミュレーション実習を通して修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「静脈路確保」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第9回 静脈路確保と薬剤投与3 薬剤投与の目的と適応、薬剤投与に必要な器具と準備方法を修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「薬剤投与」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第10回 静脈路確保と薬剤投与4 薬剤投与を用いた救急救命処置について、シミュレーション実習を通して修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「薬剤投与」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第11回 静脈路確保と薬剤投与5 静脈路確保と薬剤投与の標準プロトコールをシミュレーション実習を通して修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「静脈路確保及び薬剤投与」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第12回 静脈路確保と薬剤投与6 静脈路確保と薬剤投与について理解度を確認するため効果測定を行う。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「静脈路確保及び薬剤投与」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第13回 血糖値測定とブドウ糖投与1 血糖値測定の目的と適応、ブドウ糖投与に必要な器具と準備方法を修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)参考書「救急救命士標準テキスト」の「血糖測定及びブドウ糖投与」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第14回 血糖値測定とブドウ糖投与2 血糖値測定とブドウ糖投与の標準プロトコールをシミュレーション実習を通して修得する。 復習:前回授業での実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「血糖測定及びブドウ糖投与」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
第15回 特定行為総合シミュレーション すべての特定行為について理解度を確認するため効果測定を行う。 復習:これまでの実習内容を復習する。(60分)予習:「救急救命士標準テキスト」の「特定行為」について記載されている箇所を熟読し、予習する。(60分)
〔評価基準〕
実習参加態度(40%)、試験(60%) 
〔教科書・参考図書〕
○救急救命士標準テキスト編集委員会『第9版 救急救命士標準テキスト上巻』へるす出版 2015年 978-4-89269-869-9
○救急救命士標準テキスト編集委員会『第9版 救急救命士標準テキスト下巻』へるす出版 2015年 978-4-89269-870-5
1年次購入済テキストを使用する。
〔履修要件〕
「救急救命学演習・実習4」の単位を修得済みであること。
なお、当該科目を習得しない場合は、「救急救命高度演習・実習2」を履修することはできない。
定期授業の他に集中講義・期間外講義を行う場合がある。
頭髪・身だしなみが実習に不適切と担当教員が判断した場合は、実習に参加できない。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。