看護学部  看護学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
卒業研究 4 通年 2 (60) 必修
担当者 島谷 智彦, 松本 睦子, 他, 看護学科 専門科目担当教員

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
看護現象を科学的にとらえ、論文にまとめることにより、将来の看護実践の向上につながる研究的態度を養うことを目的に、 「卒業研究要項」に沿って看護研究論文を作成する。テーマに関する文献の検索・購読などを通して論理的・科学的思考を養い専門的知識を修得する。原則として、文献的看護研究(文献研究)に基づいた看護研究論文の作成を行う。論文作成の過程の中で、研究者に求められる基本的な行動規範や倫理観についても学修する。
〔到達目標〕
1.大学のテキストに従って、研究者に求められる行動規範/倫理観を学修する。
2.専門知識に基づき、適切な文献検索ができる。
3.文献内容を理解し、自分の研究に生かすことができる。
4.研究課題や目的を明らかにし、教員の指導を仰ぎながら論文を作成できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
卒業研究オリエンテーション


1)研究の実施(主に文献研究)
2)看護研究論文の作成
3)看護研究論文・抄録の提出





別紙配付資料により行う


1)担当教員に指導を受けながら、研究テーマに関する文献研究(文献調査)を実施する。
2)論文作成にあたってはゼミ形式で担当教員の指導を受ける。その際、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」に係る研究倫理についても十分理解し、遵守する。
3)担当教員の承認を得て、「卒業研究要項」に従って論文をまとめ提出する。
4)抄録を作成する。
シラバスを熟読し、予習する。
詳細については別途指示する。
ゼミ教員の指示に従い学習する
(各回120分)。







〔評価基準〕
論文内容(65%)と研究態度(35%)の合計100%を満点として評価する。
前者には、テーマの取り上げ方の適切性(15%)、文献収集と検討(25%)、研究論文の妥当性(25%)が含まれる。
後者には、研究論文の体裁(25%)、研究への取り組みの態度(10%)が含まれる。
当該科目の出席が4/5未満の場合には、評価の対象外となる。
課題等については、授業内でフィードバックを行う。
〔教科書・参考図書〕
研究方法論で使用した教科書、参考図書。
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修は「不可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。