心理科学研究科  実践臨床心理学専攻 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
福祉臨床心理学特論 1 後期 2 (30) 選択
担当者 松崎 佳子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
子ども、障害者、高齢者等をテーマとして、臨床心理学が果たす役割を学ぶ。子どもでは児童相談所、児童福祉施設における心理的対応や支援の実際、臨床心理学の役割等を学習テーマとする。障害者では障害者の社会適応、心理的問題、発達課題、QOLの支援に果たす臨床心理学の役割ついて学ぶ。高齢者では精神衛生、QOLに対する支援法を学ぶ。このような講義にくわえ事例等をもとに討論を交えた授業も行う。
〔到達目標〕
生活場面を視野にいれた福祉領域での心理臨床活動の実際を知る。福祉領域で求められる現実的で多面的な事例の理解を体得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 福祉臨床心理学とは 福祉においてはたす臨床心理学の役割について理解を深める。全ての人たちが自分らしく、自己実現を図っていく過程での臨床心理学のできる役割を理解する。 福祉の基本的概念について予習すること。(60分)
第2回 児童福祉について 児童相談所や児童福祉施設の役割や特徴、子どもの支援の実際、関連機関との連携や協働、家庭の支援や課題等を学ぶ。 児童相談所の業務内容、組織について予習すること。(60分)
第3回 こころのケアを必要とする子どもと福祉臨床心理学1 児童虐待など様々な家庭で問題を抱えながら生活を送り心理学的なケアを必要としている子どもの支援の現状と問題を理解する。 現代の家族の問題を考えるておくこと。(60分)
第4回 こころのケアを必要とする子どもと福祉臨床心理学2 情緒障害児短期治療施設や児童養護施設、児童自立支援施設での組織的な心理学的支援の実際と課題を学ぶ。 児童福祉施設について予習しておくこと。(60分)
第5回 発達障害児と福祉臨床心理学 発達障害児など、障害児への福祉臨床心理学的な対応について学ぶ。 発達障害の種類、内容、原因等の基本的事柄を予習すること。(60分)
第6回 障害者と福祉臨床心理学1 発達障害、精神障害の現状について概説する。臨床心理学の視点から障害者の支援を考える。 発達障害・精神障害について予習しておくこと。(60分)
第7回 障害者と福祉臨床心理学2 知的障害、身体障害の現状や心理的対応ついて概説する。様々な社会的活動や生活上の困難を抱えている。臨床心理学の視点から障害者の支援を考える。 知的障害・身体障碍について予習しておくこと。(60分)
第8回 障害者と福祉臨床心理学3 重症心身障害や重複障害者への支援や現状と問題の対処法を学ぶ。障害者福祉全般の課題について、事例をもとに理解を深める。 重症心身障害児の定義と対応を予習すること。(60分)
第9回 こころのケアを必要とする子どもと福祉臨床心理学3 非行児童に対する心理的な支援についてと、家庭機能の崩壊と関連して、家庭の支援や課題を学ぶ。 現代の親子関係について予習しておくこと。(60分)
第10回 障害者と福祉臨床心理学4 障害者福祉の領域で臨床心理に臨まれていること、就労、結婚といった社会的・人間的体験の現状について、討論を通して考えを深める。障害者虐待についても学ぶ。 障害者福祉に関する前回までの授業の復習をしておくこと。(60分)
第11~12回 高齢者と福祉臨床心理学 高齢者、認知症高齢者の心理的特徴や現状、高齢者虐待について学ぶ。心理臨床の役割について理解を深める。 人間の生涯発達課題について予習すること。(60分)
第13回 女性と福祉臨床心理学 福祉臨床の対象としての女性について理解を深める。 福祉臨床、福祉についての基本を復習しておくこと。(60分)
第14回 家族支援と福祉臨床心理学 家族への心理的支援について学ぶ。福祉臨床の場面での家族支援で配慮すべきことや、母子共生関係の視点についても学ぶ。 母子関係がこどもの障害や行動に与える影響について予習しておくこと。(60分)
第15回 地域と福祉臨床心理学 社会の中で福祉臨床の対象者がより暮らしやすくなるために、臨床心理が果たす役割について討論して考えを深める。 障害に対する社会の偏見の実際や地域の精神衛生についてあらかじめ調べておくこと。(60分)
第16回 確認テスト 客観テスト 全学習内容の復習。(60分)
〔評価基準〕
受講態度(50%)、習得度(50%)
出欠席:欠席4回で認定不可
受講態度:授業での積極性と理解度を評価する。 D:0点、C:15点、B:30点、A:40点、S:50点
習得度:レポートの内容を評価する。
〔教科書・参考図書〕
△前田研史『児童福祉と心理臨床』福村出版 2009年 978-4-571-42023-8
△山口智子『老いのこころと寄り添うこころ』遠見書房 2012年 978-4-904536-9
○小林重雄(監修)『福祉臨床心理学』コレール社 2002年 978-4876373086
授業の中で適宜参考資料を紹介しレジュメを配布する。
〔履修要件〕
他研究科他専攻からの履修「不可」、科目等履修「可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。