看護学部  看護学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
研究方法論 3 前期 2 (30) 必修
担当者 山崎 登志子, 秋山 智, 川井 八重, 下見 千恵, 島谷 智彦, 松本 睦子, 水野 敏子, 糠信 憲明

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
看護研究の必要性、研究の倫理的配慮(研究者としての行動規範や倫理観)を理解し、看護研究の方法とその進め方に関する基本的知識や研究プロセスに沿った研究の進め方を具体的に学修する。
〔到達目標〕
1.研究者に求められる行動規範/ 倫理観を説明することができる。
2.看護研究の意義と目的、研究デザイン、データ収集方法、および研究過程の概要を説明することができる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 看護研究とは
看護研究の基礎知識
・看護研究の意義;実践と理論と研究
・量的研究と質的研究
・実験研究と調査研究と事例研究
・文献研究、研究デザイン
・研究における倫理的配慮
復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第2回 看護研究のプロセス(1) ・研究のテーマ
・研究の動機と目的
・文献検索  
・研究の概念枠組み
・言葉の定義
・対象者の設定
・質問紙の作成
・尺度の信頼性と妥当性
・調査の実施  
・データの分析
・文献研究のプロセスとまとめ方
復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第3~4回 データの分析 ・SPSSによる統計計算の仕方
・平均値と標準偏差、相関係数、分散分析、多変量解析
・検定:t検定、カイ2乗検定
復習:配布した資料を熟読しておく(各30分)
第5回 看護研究のプロセス(2) ・質問紙の作成
・調査の実施
・データの分析(質的分析)
・文献レビューの重要性
復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第6回 文献検索の方法 ・コンピュータによる文献検索の仕方 復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第7回 論文のまとめ方(1) ・研究のテーマ
・論文構成
・発表の仕方
復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第8回 論文のまとめ方(2) ・文献研究のプロセスのまとめ方
・発表の仕方
復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第9回 まとめ 第1~8回までのまとめ 予習:講義全体を振り返り、理解不十分と思われる部分を中心に学修する(180分)
第10回 実験研究の実際 ・実験研究の種類と方法
・実験研究を選択する基準
・ヒトを対象とした実験研究の限界と問題点
・研究における不正行為(改竄、捏造、盗用)
・利益相反 (Conflict of interest: COI)
・結果にだまされないために
復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第11回 成人看護学領域(急性期)の看護研究の特徴 成人看護学(急性期)における研究の実際と課題 復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第12回 精神看護学領域の看護研究の特徴 精神看護学における研究の実際と課題 復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第13回 母性看護学領域の看護研究の特徴 母性看護学における研究の実際と課題 復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第14回 成人看護学領域(慢性期)の看護研究の特徴 成人看護学(慢性期)における研究の実際と課題 復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第15回 老年看護学領域の看護研究の特徴 老年看護学における研究の実際と課題 復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
第16回 公衆衛生看護学領域の看護研究の特徴 公衆衛生看護学における研究の実際と課題 復習:配布した資料を熟読しておく(30分)
〔評価基準〕
試験(100%) 
〔教科書・参考図書〕
教員による配付資料。
参考図書:坂下玲子他著, 『系統看護学講座 別巻 看護研究』, 医学書院, 2016年,ISBN 978-4-260-02182-1.
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。