保健医療学部  診療放射線学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
救急医療 3 前期 2 (30) 選択
担当者 前田 浩志

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
日本では毎年6万人を超える方が心臓突然死で亡くなっており、いつ自分の身の回りで心肺停止が起きるとも限りません。この授業では放射線医療領域の救急医療はもちろんのこと、日常生活における基本的な心配蘇生術を修得し、また、BLS(一次救命処置)については実際に体験して身につけることを目的とする。
〔到達目標〕
日常生活や臨床実習で必要な救急医療の基礎的知識や技能を修得する。
診療放射線技師として造影剤の副作用やその予防・対処法を理解できる。
緊急時の医用超音波検査の概要を理解できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 救急医療 急性多臓器不全 予習:解剖学の確認をすること(60分)。
復習:資料の該当部分をのーとにまとめること(30分)。
第2回 BLS(一次救命処置) 予習:事前配布資料の該当部分を確認すること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第3回 BLSの実際(1回目) 予習:事前配布資料の該当部分を確認すること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第4回 BLSの実際(2回目) 予習:事前配布資料の該当部分を確認すること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第5回 外傷、熱傷、災害医療(1) 予習:事前配布資料の該当部分をノートにまとめること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第6回 外傷、熱傷、災害医療(2) 予習:事前配布資料の該当部分をノートにまとめること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第7回 熱中症、中毒 予習:事前配布資料の該当部分をノートにまとめること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第8回 脳卒中、心臓発作 予習:事前配布資料の該当部分をノートにまとめること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第9回 画像診断領域における救急医療 FASTエコー法(1) 予習:解剖学の復習をしておくこと(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第10回 FASTエコー法(2) 予習:解剖学の復習をしておくこと(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第11回 造影検査での副作用 造影剤の概要 予習:事前配布資料の該当部分をノートにまとめること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第12回 副作用の発現 予習:事前配布資料の該当部分をノートにまとめること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第13回 副作用への対策 予習:事前配布資料の該当部分をノートにまとめること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第14回 救急医療 BLSの実際(3回目) 予習:事前配布資料の該当部分をノートにまとめること(60分)。
復習:配布資料をノートにまとめること(30分)。
第15回 救急医療 総まとめ 予習:これまでの配布資料の確認を行うこと(60分)。
復習:授業内容をノートにまとめること(30分)。
〔評価基準〕
試験(70%)、講義への参加態度[質問・意見等](30%) 
〔教科書・参考図書〕
◎日本蘇生協議会(JRC)よりJRC蘇生ガイドライン2015オンライン版-第1章一次救命処置-
をダウンロードおよび印刷または、タブレットで常時閲覧可能な状態に保存すること。
http://www.japanresuscitationcouncil.org/


〔履修要件〕
他学部他学科からの履修については事前に相談して考慮する。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。