保健医療学部  診療放射線学科 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
断層検査技術学 3 前期 2 (30) 必修
担当者 橘 昌幸, 前田 浩志

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
CT、MRI、超音波の撮影・診断に必要な基礎について学び、各疾患を診断する上での各画像の有用性と診断に必要なポイントを学ぶ。
診断装置の機器構成・安全性・保守管理および画像の生成原理・撮影法の基礎について学ぶ。
〔到達目標〕
CT、MRI、超音波における主な疾患の特徴,正常像との違いについて理解し、疾患の診断に必要な撮像法を修得する。
各画像撮影に必要な装置の物理特性、生成原理、および撮影法の基礎を修得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 頭部CT検査 脳血管3DCT等の頭部CT検査の目的、検査内容 予習:「診療放射線技術 上巻」第6章および「若葉マークの画像解剖学」第1、2章のX線CTについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:小テストの正答を調べる(30分)。
第2回 胸部CT検査 ハイレゾCT等の胸部CT検査の目的、検査内容 予習:「若葉マークの画像解剖学」第5章のX線CTについて記載されている個所を熟読し、予習する(60分)。
復習:小テストの正答を調べる(30分)。
第3回 腹部CT検査 ダイナミックCT等の腹部CT検査の目的、検査内容 予習:「若葉マークの画像解剖学」第6章のX線CTについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:小テストの正答を調べる(30分)。
第4回 頸部・骨盤・四肢CT検査 頸部・骨盤・四肢CT検査の目的、検査内容 予習:「若葉マークの画像解剖学」第3、7、9章のX線CTについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:小テストの正答を調べる(30分)。
第5回 CT検査のまとめ 1-4回CT検査に関する講義総括 予習:「診療放射線技術 上巻」6章および「若葉マークの画像解剖学」のX線CTについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:CTに関する知識を深める(30分)。
第6回 超音波の性質 超音波の性質・超音波の特性・音速・音波の反射・超音波の発生 予習:「診療放射線技術 上巻」の第8章A(p363-364)を読んでまとめる(60分)。
復習:配布された資料をノートにまとめる(30分)。
第7回 超音波画像のできるまで パルス反射法・Aモード表示・Bモード表示・スキャンと時間・Mモード表示 予習:「診療放射線技術 上巻」の第8章C1からC4(p365-367)を読んでまとめる(60分)。
復習:配布された資料をノートにまとめる(30分)。
第8回 プローブと電子スキャン プローブの構造・スキャン方式・電子スキャン・遅延回路・超音波のフォーカス・電子フォーカス・多段フォーカス 予習:「診療放射線技術 上巻」の第8章B1からB2(p364)を読んでまとめる(60分)。
復習:配布された資料をノートにまとめる(30分)。
第9回 臨床画像とアーチファクト 音響陰影・音響増強・多重反射・反響・鏡面像・サイドローブ・グレーティングローブ 予習:「診療放射線技術 上巻」の第8章E(p371-379)の図をよく観察する(60分)。
復習:配布された資料をノートにまとめる(30分)。
第10回 医用超音波画像のまとめ 6-10回医用超音波検査に関する講義総括 予習:「診療放射線技術 上巻」の第8章のうち第6-9回で学んだ内容を確認する(60分)。
復習:配布された資料をノートにまとめる(30分)。
第11回 頭部領域のMRI 脳梗塞,頭蓋内出血,脳腫瘍,変性疾患など主な疾患のMRI検査の解説をする。 予習:「診療放射線技術 上巻」7章および「若葉マークの画像解剖学」第1、2章のMRIについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:小テストの正答を調べる(30分)。
第12回 腹部領域のMRI 肝,胆,膵,腎などの主な病変のMRI検査の解説する。 予習:「若葉マークの画像解剖学」第6章のMRIについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:小テストの正答を調べる(30分)。
第13回 骨盤領域のMRI 子宮,卵巣,前立腺,膀胱などの主な病変のMRI検査の解説する。 予習:「若葉マークの画像解剖学」第7章のMRIについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:小テストの正答を調べる(30分)。
第14回 骨軟部領域のMRI 骨,関節,軟部組織の主な病変のMRI検査の解説する。 予習:「若葉マークの画像解剖学」第8、9章のMRIについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:小テストの正答を調べる(30分)。
第15回 頚胸部領域のMRI,
MRIのまとめ
眼窩,耳下腺,甲状腺,心臓疾患などについて解説をする。
11-15回MRI検査に関する講義総括。
予習:「若葉マークの画像解剖学」第3、5章のMRIについて記載されている箇所を熟読し、予習する(60分)。
復習:MRIに関する知識を深める(30分)。
〔評価基準〕
試験(70%)、講義への参加態度[質問・意見等](30%) 
〔教科書・参考図書〕
◎小塚隆弘、他監『診療放射線技術 上巻』南江堂 2012年 ISBN978-4-524-26324-0
○荒木力訳『MRIの基本,パワーテキスト』MEDSi 2011年 ISBN978-4-89592-668-3
○磯部智範編『若葉マークの画像解剖学』メジカルビュー社 2014年 ISBN978-4-7583-1457-2
○鈴木正行編『コメティカルのための疾患・画像ファイル』文光堂 2010年 ISBN978-4-8306-4224 
〔履修要件〕
診療放射線学科学生のみを対象とし、他学部他学科からの履修「不可」


試験、レポート等については、フィードバックを行います。