薬学研究科  医療薬学専攻 博士課程 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
有機化学特論 後期 2 () 選択
担当者 池田 潔, 柳田 玲子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
有機化学は体系的な論理性のある学問である。「有機化学の論理」を身につけるため、有機系のジャーナルから抜粋した英語論文を題材として演習を行う。また代表的な問題を実際に演習し、基礎力を向上させる。さらに実用可能な知識や手法の修得につなげることを目的とする。
〔到達目標〕
高度な研究能力を有する薬剤師研究者に必要な、有機化合物の構造、物性、反応性等についての知識を習得できるようになる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
1 骨格形成反応(1) 代表的な骨格形成反応について説明できる テキストを読んでおくこと
2 官能基変換反応(1) 代表的な官能基変換反応について説明できる テキストを読んでおくこと
3 官能基変換反応(2) 代表的な官能基変換反応について説明できる テキストを読んでおくこと
4 有機合成反応における選択性 代表的な有機合成反応における選択性について説明できる テキストを読んでおくこと
5 不斉合成反応 代表的な不斉合成反応について説明できる テキストを読んでおくこと
6 多段階合成のデザイン(1)(2)(3) 代表的な多段階合成のデザインについて説明できる テキストを読んでおくこと
7 多段階合成のデザイン(4)(5)(6) 代表的な多段階合成のデザインについて説明できる テキストを読んでおくこと
8 有機化学に関する最新のトピックス 有機化学に関する最新のトピックスの中で代表的なものを説明できる テキストを読んでおくこと
〔評価基準〕
博士課程の研究に関連するインパクトファクターの高い英語の論文を、日常的に電子ジャーナルを利用して調べさせる。
〔教科書・参考図書〕
国内外の文献や資料、および各種専門書
〔履修要件〕
主指導者が指示するテーマについて予備調査を行う。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。