看護学研究科  看護学専攻 博士後期課程 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
成人老年看護実践・教育学演習 1 前期 2 () 選択
担当者 松本 睦子, 水野 敏子, 白木 智子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
成人・老年期にある人やその家族の健康を支える看護援助の方法論や理論、および質の高い生活を送るために必要な教育・指導の理論について検討し、独創的な看護援助の方法を探求する。
〔到達目標〕
1.先行研究をクリティークし、独自性のある研究課題を探求できる。
2.理論開発や尺度開発、エビデンスの探求などの研究に必要な知識について説明できる。
3.学修した内容を基盤として独創性のある博士論文の作成に必要な計画書が作成できる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
1 ガイダンス
実践や教育に関連する理論
理論授業全般の計画
実践・教育に活用する理論
自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
2 研究の動向 成人・老年看護学の実践や教育における研究の動向と課題 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
3 研究の動向 成人・老年看護学の実践や教育における研究の動向と課題 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
4 文献クリティーク 研究課題に即した文献検索とクリティーク 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
5 文献クリティーク 研究課題に即した文献検索とクリティーク 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
6 文献クリティーク 研究課題に即した文献検索とクリティーク 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
7 文献クリティーク 研究課題に即した文献検索とクリティーク 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
8 文献クリティーク 研究課題に即した文献検索とクリティーク 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
9 文献クリティーク 研究課題に即した文献検索とクリティーク 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
10 研究計画書 研究課題の設定
概念枠組み
計画書の内容作成
自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
11 研究計画書 上記内容の検討 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
12 研究計画書 上記内容の検討 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
13 研究計画書 上記内容の検討 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
14 研究計画書 上記内容の検討 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
15 研究計画書 上記内容の検討 自らの研究に必要な課題や文献等を読み、意見が言えるようにしておくこと(120分)。
〔評価基準〕
資料作成(10%)、プレゼンテーション(10%)、計画書・レポート(80%)
文献や実践をもとに討論
〔教科書・参考図書〕
特に指定しない
〔履修要件〕
特に指定しない


試験、レポート等については、フィードバックを行います。