薬学部  薬学科(6年制) 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
生体分子のコアとパーツ 4 前期 1 (30) 必修
担当者 柳田 玲子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
生体分子の機能や医薬品の作用を理解するため、生体分子を構成している分子の構造と性質、医薬品の構造と作用を関連づけて理解することを目的とする。
〔到達目標〕
医薬品の標的となる生体分子の構造と性質、生体反応の化学による理解、医薬品の化学構造と性質・作用を修得できるようにする。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 糖質 糖の構造に基づく化学的性質を説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第2回 アミノ酸 アミノ酸の構造に基づく化学的性質を説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第3回 核酸 核酸の構造に基づく化学的性質を説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第4回 補酵素 補酵素の構造に基づく化学的性質を説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第5回 脂質 脂質の構造に基づく化学的性質を説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第6回 生体内で機能する小分子 受容体の内因性リガンドの構造と性質/補酵素が酵素反応で果たす役割について、有機反応機構の観点から説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第7回 活性酸素、一酸化窒素、生体内で機能するリン、硫黄化合物 活性酸素、一酸化窒素、リン化合物、硫黄化合物の構造に基づく生体内反応を化学的に説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第8回 酵素阻害剤と作用様式 不可逆的酵素阻害薬の作用を酵素の反応機構に基づいて説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第9回 受容体のアゴニストおよびアンタゴニスト 受容体のアゴニストとアンタゴニストとの相違点について、内因性リガンドの構造と比較して説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第10回 生体内でおこる有機反応 生体分子の代謝反応、異物代謝反応を有機化学の観点から説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第11回 医薬品と生体分子の相互作用、医薬品の構造に基づく性質、医薬品のコンポーネント 医薬品と生体分子との相互作用/医薬品の構造から物理化学的性質を説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第12回 酵素に作用する医薬品の構造と性質 ヌクレオシドアナログ、フェニルプロピオン酸アナログ、スルホンアミドアナログ、βーラクタムアナログ、ペプチドアナログの化学構造に基づく性質について説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第13回 受容体に作用する医薬品の構造と性質 カテコールアミンアナログ、アセチルコリンアナログ、ステロイドアナログ、ベンゾジアゼピンアナログ、オピオイドアナログの化学構造に基づく性質について説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第14回 DNAに作用する医薬品の構造と性質、イオンチャネルに作用する医薬品の構造と性質 DNAと結合する医薬品、DNAにインターカレートする医薬品、DNAを切断する医薬品、イオンチャネルに作用する医薬品の構造上の特徴を説明できる 予習は不要
復習:講義範囲の配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
第15回 全体のまとめ これまでの説明箇所の理解度の確認 予習:配布資料および教科書を予習する。
復習:配布資料および教科書を復習し、理解を深める。(30分)
〔評価基準〕
講義への参加態度[演習・質問](15%)、試験(85%)、合計100%
〔教科書・参考図書〕
◎スタンダード薬学シリーズII 3 日本薬学会編 化学系薬学 II. 生体分子・医薬品の化学による理解(東京化学同人; 2016 年3月発行; ISBN 978-4-8079-1706-8)
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「可」。事前に担当教員の許可を受けた後に、履修登録を行うこと。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。