薬学部  薬学科(6年制) 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
実務事前実習 4 前期 5 (150) 必修
担当者 三宅 勝志, 佐和 章弘, 中島 正光, 秋山 智, 木村 幸司, 佐々木 順一, 田山 剛崇, 前田 志津子, 覺前 美希

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
卒業後、医療に参画できるようになるために、5年次に行う長期実務実習(病院実務実習・薬局実務実習)に先立って、学内で調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師職務に必要な基本的知識、技能、態度を修得する。
〔到達目標〕
長期実務実習において基本的知識、技能、態度を活かせるようにする。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
1時間 ガイダンス 実務事前実習の進め方、評価方法などについて説明する。 白衣のボタンをすべて留めておくなど、実習態度について考えておくこと。時間厳守。
11時間 実務事前実習を始めるにあたって 実務事前実習に積極的に取り組むために、病院と薬局での薬剤師業務の概要と社会的使命を理解する。 身だしなみ、頭髪、爪、装飾品、名札、白衣のボタンなど注意事項を遵守する。時間厳守。
7時間 フィジカルアセスメント 平成22年4月の厚生労働省医政局長通知に従い、フィジカルアセスメントを追加する。 心音、呼吸音、体温、血圧などを測定する基本的な態度を習得する。該当部分を必ず予習してくること。時間厳守。
34時間 処方せんと調剤 調剤を正確に実施できるようになるために、処方せんの授受から服薬指導までの流れに関連する事項を修得する。 チーム医療の一員としての基本的知識、技能、態度を習得するために、該当部分を必ず予習してくること。時間厳守。
23時間 疑義照会 処方せん上の問題点が指摘できるようになるために、用法・用量、禁忌、相互作用などに関する事項を修得する。 基本的知識、技能、態度を習得するために、該当部分を必ず予習してくること。時間厳守。
32時間 医薬品の管理と供給 病院・薬局における内服薬、注射薬などの管理と供給、および院内製剤・薬局製剤に関する事項を修得する。 基本的知識、技能、態度を習得するために、該当部分を必ず予習してくること。時間厳守。
10時間 リスクマネージメント 患者が被る危険(人命の尊重)を回避するために、医薬品の副作用、調剤上の危険因子、院内感染などに関する事項を修得する。 基本的知識、技能、態度を習得するために、該当部分を必ず予習してくること。時間厳守。
18時間 服薬指導と患者情報 患者の安全確保とQOL向上に貢献できるようになるために、服薬指導などに関する事項を修得する。 基本的知識、技能、態度を習得するために、該当部分を必ず予習してくること。時間厳守。
14時間 事前実習のまとめ 本実務事前実習の効果を高めるために、調剤および服薬指導などの薬剤師業務を総合的に実習する。 身だしなみ、頭髪、爪、装飾品、名札、白衣のボタンなど注意事項を遵守する。特に時間厳守。
〔評価基準〕
レポート(20%)、テスト(20%)、実習態度(30%)、技能評価(30%)
計100%に基づき総合的に評価する。
〔教科書・参考図書〕
◎日本薬学会『実務実習事前学習』東京化学同人 2010年 978-4-8079-1467-8
◎高田 充隆『グラフィックガイド薬剤師の技能』京都広川書店 2009年 978-4-901789-36-3
○浦部 晶夫他『今日の治療薬 2017』南江堂 2017年 978-4-524-25532-0
○高久 史麿 他『治療薬マニュアル2017』医学書院 2017年 978-4-260-02818-9
○龍原徹・澤田康文,『ポケット医薬品集2017』白文舎 2017年 978-4-9904003-6-1
◎日本薬学会編「スタンダード薬学シリーズ10、実務実習事前学習-病院・薬局実習に行く前に-」東京化学同人 ISBN978-4-8079-1467-8、2010◎「グラフィックガイド薬剤師の技能理論まるごと実践へ」京都廣川書店 ISBN978-4-901789-36-3
参考図書(いずれかを購入):治療薬マニュアル2017(医学書院) ISBN 978-4-260-02818-9、今日の治療薬2017-解説と便覧-(南江堂) ISBN:978-4-524-25532-0、ポケット医薬品集 2017(白文舎株式会社)978-4-9904003-6-1
実習書(実習前に配布し、これに基づいて実習を行う)。必要に応じ、プリントを配布する。
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「不可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。