医療経営学部  医療経営学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
会計学 2 前期 2 (30) 必修
担当者 増原 宏明

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
企業や病院等の組織が実施している会計領域の内容を、本講義では扱う。具体的には会計の意義、特徴、会計要素の内容、情報作製の手順、会計情報の読み解き方などであり、講義と練習問題を通じて会計学の本質を理解することが、本講義の目的である。
〔到達目標〕
仕訳→元帳転記→試算表の作成→精算表の作成→財務諸表の作成の、一連の流れを説明することができる。
損益計算書の勘定科目を説明でき、読みこなすことができる。
貸借対照表の勘定科目を説明でき、読みこなすことができる。
キャッシュフロー計算書を説明でき、読みこなすことができる。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 会計の意義と特徴 会計の内容と目的、特徴について説明する。 シラバスを読んでおくこと。
第2回 会計要素1:資産 会計要素の1つである資産について、内容と特徴を説明する。 配付資料の「資産」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第3回 会計要素2:負債・純資産 会計要素である負債・純資産について、内容と特徴を説明する。 配付資料の「負債・純資産」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第4回 会計要素3:収益・費用 会計要素である収益・費用について、内容と特徴を説明する。 配付資料の「収益・費用」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第5回 貸借対照表1:借方の内容 貸借対照表に記載されている資産の見方を説明する。 配付資料の「貸借対照表の借方」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第6回 貸借対照表2:貸方の内容 貸借対照表に記載されている負債・純資産の見方を説明する。 配付資料の「貸借対照表の貸方」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第7回 損益計算書1:借方の内容 損益計算書に記載されている費用の見方を説明する。 配付資料の「損益計算書の借方」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第8回 損益計算書2:貸方の内容 損益計算書に記載されている収益の見方を説明する。 配付資料の「損益計算書の貸方」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第9回 会計の手続き1:仕訳と元帳 仕訳や元帳転記などの、日常的に行われる会計の手続きについて説明する。 配布資料の「仕訳と元帳」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第10回 会計の手続き2:決算手続 組織が期末に実施する決算の手続きについて、説明する。 配付資料の「決算手続」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第11回 会計のリスクヘッジ 経営上生じる危険性への対策を、会計面から行う方法について説明する。 配付資料の「会計のリスクヘッジ」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第12回 固定資産と減価償却 固定資産の会計上の考え方と記録の手順等を説明する。 配付資料の「減価償却」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第13回 株式会社の会計 株式会社が実施している会計処理の特徴について説明する。 配付資料の「株式会社の会計」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第14回 会計情報を用いた組織の評価:収益性 会計書類を用いて組織の収益性を評価する際の、考え方や技法を説明する。 配付資料の「財務指標(収益性)」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
第15回 会計情報を用いた組織の評価:安全性 会計書類を用いて組織の安全性を評価する際の、考え方や技法を説明する。 配付資料の「財務指標(安全性)」について記載されている箇所を熟読し、予習する。
〔評価基準〕
試験(100%) 
〔教科書・参考図書〕
△天野敦之『会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計の基本の基本編>』中経出版 2006年 978-4806124610
△天野敦之『会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計基準の理解編>』中経出版 2006年 978-4806124627 
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。