医療福祉学部  医療福祉学科 2017年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
社会福祉援助技術現場実習指導Ⅲ 3 後期 1 (30) 選択
担当者 眞砂 照美, 吉川 眞, 長澤 真由子, 包 敏, 山口 真里, 渡辺 晴子

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔授業の目的・ねらい〕
本科目は、「社会福祉援助技術現場実習」とあわせて社会福祉士国家試験受験資格取得に必須の科目である。「社会福祉援助技術現場実習」の配属実習に向けて、「社会福祉原論」「高齢者福祉論」「障害者福祉論」「児童福祉論」および関連するその他の講義で学んだことを総合的に理解するとともに、それらを社会福祉実践現場における援助実践と結び付け、社会福祉援助の基本的な考え方と方法を確認し、修得することを目的とする。
〔到達目標〕
実習を通じて新たに得た知識や疑問に感じたことなどを共有し合うことによって、専門職として働くためのさまざまな視点を再確認・修得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 ガイダンス 実習後の振り返りと個別指導 担当教員の指示に従って必要な準備を行う。(60分)
第2~5回 実習後の振り返りと共有化 実習体験の個別の振り返りと他の学生との問題の共有化
第6~9回 実習で体験したケースの検討 グループごとに分かれての実習後におけるケース検討
第10~12回 実習報告会に向けた実習内容の整理 実習報告会に向けた実習内容の整理(個別指導)
第13~15回 実習報告会(グループごと) グループごとの実習報告会でのプレゼンテーション、実習報告書の作成・提出
〔評価基準〕
各プログラムに対する参加態度(質問・意見等)(50%)、実習報告(口頭発表、報告書)等(50%) 
〔教科書・参考図書〕
◎福祉臨床シリーズ編集委員会編『相談援助実習・相談援助実習指導(第2版)』弘文堂 2014年 978-4-335-61165-0
○杉本浩章・田中和彦・中島玲子『実習生必携 ソーシャルワーク実習ノート』みらい 2011年 978-4-86015-242-0 
〔履修要件〕
※他学部他学科からの履修「不可」
※社会福祉士国家試験指定科目なので、受験資格取得を目指す学生は必ず単位を取得する必要がある。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。