薬学部  薬学科(6年制) 2018年度
科目名 年次 期間 単位(時間) 区分
国際社会の理解Ⅱ 1 後期 2 (30) 選択
担当者 田野 慎二, 山根 由美恵(非)

本学のディプロマポリシー(DP)における当該科目の位置付けについては、以下のカリキュラムマップを
確認してください。  URL:http://www.hirokoku-u.ac.jp/student/studies/syllabus.html
 
〔副題〕
世界に発信する日本文化
〔授業の目的・ねらい〕
 国際化の時代と言われる現代では、外国の人々と互いに理解を深め合うことが求められる。コミュニケーションの具体的な現場で、時には、日本の文化を分かりやすく説明することを求められもするだろう。そのために先ずは、日本のさまざまな文化に親しみ、正しく理解する必要がある。
 本講義では、日本文化の中から、特に、グローバル化する社会において諸外国からも注目を集めている、日本の伝統芸能・文学などを取り上げ、紹介する。
〔到達目標〕
・日本の伝統芸能に親しみ、鑑賞する力を修得する。
・大学における和文化教育の意義を説明できる。
・国際的に注目されている日本人作家の作品を読み解き、鑑賞する力を修得する。
〔授業の流れ〕
回数 授業の構成 具体的内容・要点 準備学習
第1回 イントロダクション 講義の目的・特色・評価方法の確認
外国人の目から見た日本、熊野筆
予習:シラバスを読み、講義の流れを確認する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を
深める。(60分)
第2回 和文化教育・文化力 和文化教育とは何か?
日本の無形文化遺産
文化力という考え方
予習:複数の辞書で「文化」という言葉の意味を確認し、文化とは何かを整理する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第3回 歌舞伎(1)現代の歌舞伎 三谷幸喜原作・パルコ歌舞伎鑑賞(前) 予習:三谷幸喜・パルコ劇場に関する情報を新聞などで探し、熟読する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第4回 歌舞伎(2)パルコ歌舞伎 三谷幸喜原作・パルコ歌舞伎鑑賞(後)
第5回 歌舞伎(3)進化する歌舞伎 「歌舞伎」の語源
「早替り」「外連」について
「コクーン歌舞伎」、中村獅童の超歌舞伎
予習:歌舞伎に関する情報を新聞などで探し、熟読する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第6回 狂言 野村萬斎の活躍
「棒縛り」鑑賞
予習:狂言に関する情報を新聞などで探し、熟読する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第7回 文楽 文楽人形の構造
三谷幸喜「其礼成心中」(パルコ文楽)
予習:文楽に関する情報を新聞などで探し、熟読する。近松門左衛門「曽根崎心中」について調べ、あらすじを確認する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第8回 落語 桂南光「ちりとてちん」
桂かい枝、NY繁昌亭への挑戦
予習:落語に関する情報を新聞などで探し、熟読する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第9回 明治の作家(1)夏目漱石「こころ」 夏目漱石の生涯と作品「こころ」を紹介する。 予習:夏目漱石について、これまでに何を学んできたのか確認する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第10回 明治の作家(2)夏目漱石「夢十夜」 作品「夢十夜」と「こころ」を紹介する。
第11回 大正の作家 芥川龍之介 芥川龍之介の生涯と作品「藪の中」を紹介する。 予習:芥川龍之介について学んできたことや既読作品の概要を確認する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第12回 昭和の作家 太宰治の生涯を中心に紹介する。 予習:太宰治について学んできたことや既読作品の概要を確認する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第13回 平成の作家(1)村上春樹 村上春樹の特徴と「エルサレム賞受賞スピーチ」「1Q84」を紹介する。 予習:村上春樹について学んできたことや既読作品の概要を確認する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第14回 平成の作家(2)小川洋子 小川洋子「博士の愛した数式」を紹介する。 予習:小川洋子について知っていることや既読作品の概要を確認する。(60分)復習:配付資料を再読し、理解を深める。(60分)
第15回 ここまでの総括 ここまでの内容をまとめる。 予習:後半扱った作品の中、最も印象に残った作品を選び、その理由を考える。(120分)
〔評価基準〕
提出課題(40%)・レポート(20%)・試験(20%)・講義への参加態度(20%)合計100%を満点として評価する。
〔教科書・参考図書〕
特になし。参考文献は、講義中に適宜紹介する。
〔履修要件〕
他学部他学科からの履修「可」。


試験、レポート等については、フィードバックを行います。